最新の視力改善法は、“脳内視力”を高めること!脳を刺激する「ガボールパッチ」で視力回復!『日めくり式 どんどん目がよくなるガボールパッチ』1/9発売

ノーベル物理学賞受賞博士が考案!ニューヨーク・タイムズでも紹介!!

株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2020年1月9日(木)に、
ムック本『日めくり式 どんどん目がよくなるガボールパッチ』を発売します。


■新たなアイトレーニング「ガボールパッチ」で“脳内視力”を高めて視力改善!
 本誌は、「ガボールパッチ」を用いて視力を回復させるトレーニング本です。ガボールパッチとは、「ガボール変換」という数学的な処理により生まれる「ぼやけた縞模様」のことで、ホログラフィーの発明によってノーベル物理学賞を受賞したデニス・ガボール博士によって考案されました。

 

ガボールパッチガボールパッチ


ぼやけたものを一所懸命に見ようとすると、脳はフル回転し、脳内の視覚を司る「視覚野」が刺激されます。
さらに、トレーニングを続けることで、目から脳への情報伝達効率が高まり、その結果として視力や近視が改善することが科学的に証明されています。また、認知症予防も期待できると言われています。

 




2017年に「ニューヨーク・タイムズ」で報じられて以降、新たな視力改善法として話題を集めています。
本誌は「ガボールパッチ」トレーニングと、オリジナルの「眼トレ」を駆使し、見るだけで視力回復が期待できる内容となっています。

■​兄妹医師が監修!1日3分、日めくり式で縞模様を探すだけのトレーニング!
本誌は、リビングやトイレの壁などにかけて、日めくりでトレーニングができます。また、コラムページで、
目の血液を浄化して視力を上げるための「食事術」や、ツボ押しなどの「アイケア」も紹介しています。


〇監修者:日比野佐和子(ひびの さわこ)プロフィール


医学博士。医療法人社団康梓会Y’s サイエンスクリニック広尾 統括部長。日本抗加齢医学会専門医。大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。再生医療やアンチエイジング療法でも第一線を走る研究者であり、国内外のVIPを受け持つ敏腕。美のカリスマとしてメディアでも大活躍中。



〇監修・ガボールパッチ作成:林田康隆(はやしだ やすたか)プロフィール


医学博士。医療法人社団康梓会Y’s サイエンスクリニック広尾理事長・院長。日本眼科学会認定眼科専門医。大阪大学および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて眼表面の再生医療を中心とした幹細胞研究に携わる。現在はおもに大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術に取り組む傍ら、Y’s サイエンスクリニック広尾にて肌再生療法や免疫療法を実施。メディアでも大活躍中。

 


『日めくり式 どんどん目がよくなるガボールパッチ』
2020年1月9日発売
定価:本体900円+税
https://tkj.jp/book/?cd=TD000927











 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 宝島社 >
  3. 最新の視力改善法は、“脳内視力”を高めること!脳を刺激する「ガボールパッチ」で視力回復!『日めくり式 どんどん目がよくなるガボールパッチ』1/9発売