木村拓哉さん主演「グランメゾン東京」の撮影現場にAERAが潜入!玉森裕太さんにもインタビュー

巻頭特集は「全国160高校の合格力」。難関10国立大学への合格者数で独自ランキングを掲載

10月28日発売のAERA11月4日増大号は、木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン東京」の撮影現場に潜入。木村さん自身の「人と人とがつながってレストランを作り上げていく過程が楽しみ」という言葉通り、共演者たちとのコミュニケーションがドラマのリアリティーを増幅していく場面を取材しました。
この号の巻頭特集は「全国160高校の合格力」。東大・京大の合格者数だけではかられがちな高校の実力を、旧七帝大+東工大・一橋大・神戸大という難関10国立大学への合格者数で見直しました。カラーグラビアは、8強入りを果たしたラグビー日本代表の全13トライをすべて掲載したW杯保存版です。

現在放送中のドラマ「グランメゾン東京」の撮影現場に、AERA編集部が潜入したのは10月初旬。ちょうど第3話の撮影中で、緑山スタジオには、主演の木村拓哉さんほか、共演の鈴木京香さん、沢村一樹さん、及川光博さん、寛一郎さんが揃っていました。ピリッとした緊張感の中で進む撮影。和やかな空気が流れる待ち時間。緊張と弛緩が繰り返される現場の中心に、木村さんがいました。木村さんの口笛が現場にジャズのスタンダードナンバーを響かせる、という瞬間にも立ち会いました。このドラマに木村さんの後輩役で出演、初共演を果たした玉森裕太さんには、単独インタビューを敢行。演じる役柄の難しさ、自宅で取り組む「自主練」などについての話とともに、リアルな先輩としての木村さんへの思いも語っていただきました。

この号の巻頭特集は「全国160高校の合格力」。東大・京大の合格者数、もしくは、それに医学部の合格者数を加えたもので示されがちな高校のランキングですが、旧七帝大(東京大、京都大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大)+東工大・一橋大・神戸大という難関10国立大学への合格者数を算出し、オリジナルランキングとして提示しています。そこから見えてきたのは、注目されがちな「中高一貫校」に負けない、単独の「公立高校」の強さ。トップ10には、単独の公立高校が6校もランクインしています。参考値として添えた難関私立14大学への合格者数にも注目すると、これまでとは違う高校の勢力図が見えてきます。

カラーグラビアでは、ラグビーW杯で史上初のベスト8入りを果たした日本代表を特集。魂の13トライ、すべての瞬間を収録したほか、各試合のベストショットをもれなく掲載した保存版です。

ほかにも、

  •   天皇陛下と皇后雅子さまの10月22日 静寂の正殿 絢爛の宮殿
  •   TOKYO2020 競歩とマラソン「札幌開催」は唐突だけど名案だ――本誌妄想コース付き
  •   尾上菊之助×鈴木敏夫  歌舞伎「ナウシカ」宮崎駿が首を縦に振った理由
  •   鴻上尚史×中山優馬  舞台「地球防衛軍 苦情処理係」で描く「クレーム」という現代
  •   大人のいじめ 東須磨小もママ友も「いじり」から始まった

などの記事を掲載しています。
 

AERA (アエラ) 2019年 11/4 増大号
定価:本体391円 +税
発売日:2019年10月28日
https://www.amazon.co.jp/dp/B07Y24WRT2/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 木村拓哉さん主演「グランメゾン東京」の撮影現場にAERAが潜入!玉森裕太さんにもインタビュー