中国料理・脇屋友詞シェフと『家庭画報』が共同開発した極上スープ麺 1月6日(月)より販売スタート

家庭画報ショッピングサロン

株式会社世界文化社(本社:千代田区九段北、代表取締役社長:鈴木美奈子)の通販事業「家庭画報ショッピングサロン」( https://shop.sekaibunka.com/shop/ )は、家庭画報オリジナル「レストランの味シリーズ」第1弾として、独⾃ のモダンチャイニーズを確⽴し、⽇本の中国料理に新⾵を吹き込み続ける脇屋友詞シェフと共同開発した極上スープ麺を1⽉6⽇(⽉)より販売開始しました。

 

美しく輝くスープは、深い味わいとすっきりとした後味 が特徴。飲み干さずにはいられないおいしさです。美しく輝くスープは、深い味わいとすっきりとした後味 が特徴。飲み干さずにはいられないおいしさです。

左より)<家庭画報オリジナル>ふかひれ姿煮麺、<家庭画報オリジナル>極上清湯(チンタン)スープ麺左より)<家庭画報オリジナル>ふかひれ姿煮麺、<家庭画報オリジナル>極上清湯(チンタン)スープ麺

<家庭画報オリジナル「レストランの味シリーズ」>

■「家庭画報オリジナル」極上清湯(チンタン)スープ麺セット(4食分)

澄んだすっきりとしたスープを存分に味わっていただく清湯(チンタン)麺。鶏肉と豚肉をベースにじっくり時間をかけて丁寧にとったスープは、体にすーっとしみわたる優しい味わいです。スープと麺をじっくり味わったあとは、北海道猿払産の干し貝柱をたっぷり使ったオリジナルのXO醤をひとさじ加えて味の変化をお楽しみください。

■「家庭画報オリジナル」ふかひれ姿煮麺セット(2食分)
人気のふかひれをご家庭でも手軽にお召し上がりいただきたいと、時間をかけて開発したふかひれの姿煮麺。むなびれを旨みたっぷりのチキンスープで煮てとろりとさせ、スープや麺によくからむ逸品に仕上げました。コラーゲンたっぷりのとろみのあるスープは寒い日にも体を温めてくれます。

詳細はこちら→ https://shop.sekaibunka.com/shop/g/g1617817-0-0/?utm_source=enews&utm_medium=news&utm_campaign=chintan2001

 

■購入方法
ご注文は、お電話かWEBをご利用いただけます。
・電話:0120-919-287 (お申し込み専用フリーダイヤル/受付時間:9:00~19:00)
・ECサイト:家庭画報ショッピングサロン(  https://shop.sekaibunka.com/shop/  
※ECサイトは、「<家庭画報オリジナル>極上清湯(チンタン)スープ麺セット」のみの販売です。


 

左より)『家庭画報2月号』、脇屋 友詞シェフ左より)『家庭画報2月号』、脇屋 友詞シェフ

 

■脇屋 友詞
東京・赤坂「Wakiya一笑美茶樓」オーナーシェフ。1958年北海道生まれ。赤坂にあった上海料理の名店「山王飯店」で修業を始め、有名ホテルを経て96年、横浜「トゥーランドット遊仙境」の総料理長に。上海料理をベースにした洗練された中国料理で新風を巻き起こす。味のよさに加え、洋皿を取り入れた美しい盛り付けにも定評があり、中国茶への造詣も深い。現在、横浜、赤坂計4店舗のシェフを務める。公式HP  https://www.wakiya.co.jp/
■『家庭画報』
1958 年 2 月創刊。毎月1日発売。「夢と美を楽しむ」をテーマに、 時を経ても色褪せない「本物」を追求し、日本の四季、伝統文化、食、おもてなしの心などを美しい写 真とともにお届けしています。「家庭画報の旅」をはじめ、家庭画報ショッピングサロン(通販)、イベント事業等も展開しています。公式HP「家庭画報.com」 https://www.kateigaho.com/

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化社 >
  3. 中国料理・脇屋友詞シェフと『家庭画報』が共同開発した極上スープ麺 1月6日(月)より販売スタート