新開発「FLXfinish(フレックスフィニッシュ)」テクノロジーを搭載し幅広いアプリケーション対応力と高生産性を実現 64インチ対応UV硬化型大判プリンター“Colorado 1650”を発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社(代表取締役社長:井崎孝)は、主にサイン&ディスプレイ市場を対象に、64インチ対応UV硬化型大判プリンター“Colorado(コロラド)1650”を2020年1月より発売します。

 

Colorado 1650Colorado 1650

 

キヤノングループは2020年よりオセのすべての製品をキヤノンブランドに統合し、商業印刷事業すべての分野ブランドを統一しました。キヤノングループ内における連携をさらに高め、商業印刷事業の成長に取り組んでいます。

このほど、主にサイン&ディスプレイ市場を対象とした、64インチ(約1.6m幅)ロールtoロールプリンターの新製品として一台でグロス/マット仕上げを可能にする「FLXfinish」を搭載した“Colorado 1650”を発売することにより、プロダクションプリンティング事業の強化・拡大を進めます。

大判印刷においては早くからインクジェットの導入が進んでいますが、インクジェットテクノロジーにおいては生産性がデジタルシフトのボトルネックになっています。

“Colorado 1650”は、新開発の「FLXfinish」テクノロジーにより、インクの硬化タイミングを制御することで、グロス調とマット調の2つのモードのプリントを一台で可能にしました。また、「UVgel(ユーブイジェル)」テクノロジーはグロス調の最高速モードで毎時159m2、高品質モードで毎時40m2、マット調では最高速モードで毎時46㎡、クオリティーモードで毎時27㎡を実現しています。低温でのLED硬化により熱に弱いとされるフィルムや糊付き塩化ビニル、壁紙などへの出力に加え、従来のインクより柔軟性を185%向上させたことにより、さらに多彩なメディアへの対応を実現しました。エコソルベントやラテックスプリンターに比べ最大40%のインク使用量の削減※を実現します。
 
キヤノンMJグループは、サイン&ディスプレイの屋内外向け広告印刷や、壁紙や床装飾など産業印刷向けに販売していきます。
 
※ キヤノンプロダクションプリンティング(以下、CPP)調べ。同等クラスの他種インクのプリンターと比較した場合。CPPのテスト環境下において。

 

製品名 価格(税別) 発売日 販売目標
Colorado 1650 980万円 2020年1月下旬 30台/年



<キヤノンプロダクションプリンティングについて>
オセは2020年1月1日より、社名を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更しました。商業印刷市場において、高度な技術を要する印刷機器やソフトウエアを開発・製造しており、製品群には、大量印刷・出版用の連帳プリンターやカット紙プリンター、グラフィックやCAD/GIS向けの業務用大判プリンターなどがあります。“Colorado 1650”はキヤノンブランドとして発売する最初の製品です。

<主な特長>
  一台で2つのフィニッシュを実現する「FLXfinish」テクノロジー
・フレックスフィニッシュテクノロジーは、インクを交換することなくグロス調、マット調の画像をプリントする新テクノロジー。これにより、塩化ビニルはグロス仕上げ、ターポリンはマット仕上げなどアプリケーションによって使い分けが可能。
・グロス調、マット調のプリントはインクの硬化タイミングによって制御され、硬化後のインク形状が光の反射に影響して両方の仕上がりを実現。

 

MATTE GLOSSMATTE GLOSS


■ 新開発UVgel 460インク
・再開発された新インクにより柔軟性が従来機と比較し185%向上。対応するアプリケーションがさらに拡大。

UVgel 460インクUVgel 460インク

  ■ GREENGUARD Gold認証取得

GREENGUARD GoldGREENGUARD Gold

 

・室内で使用する製品から放出される化学物質の排出の基準と、それを満たしていることを示す認証で、国際的な

 

環境基準の指標となっている。同認証には2種類あり、UVgel 460インクは室内環境により高い配慮が求められ る学校や医療機関などの施設での使用を念頭に置いたGold認証を取得している。

 



   
■ 「UVgel」テクノロジーにより高生産性、高画質、幅広いメディア対応を実現
・グロスモードの高品質モードで40㎡、マットモードの高品質モードで27㎡の生産性を持ち、同クラスのプリン  ターと比較しても圧倒的なスピードを実現。
・印刷物は速乾性に優れているため、印刷後すぐに後加工に渡すことができ、ワークフロー全体の作業効率が向上。
・低温でUV硬化をするため熱負荷が少なく、熱に弱いとされるフィルムや糊付き塩化ビニル、壁紙など幅広いメディアへの出力に対応。
・低臭気のため、UVインクで対応が難しいとされる室内向けの印刷物に対応。
・エコソルベントやラテックスプリンターに比べ最大40%のインク使用量の削減※を実現。

インクの着弾イメージインクの着弾イメージ


・インクの温度調整技術により、メディアへの着弾後にジェル状となり、正確なドットゲインコントロール(ドットサイズを拡大すること)を行うことで、正確な着弾位置を保ち、ほかの色と混ざりづらいため、高品位な画像形成を実現。


 
※ CPP調べ。同等クラスの他種インクのプリンターと比較した場合。CPPのテスト環境下において。

<主な想定印刷成果物>
・アウトドアイベントバナー
・POP
・壁装飾、床装飾
・カーラッピング
・バックリット(電飾用途)

バックリット(電飾用途)バックリット(電飾用途)

 

床装飾床装飾

POPPOP

 

アウトドアイベントバナーアウトドアイベントバナー

 

カーラッピングカーラッピング

壁装飾壁装飾

   
 <ロールtoロールプリンターの国内市場動向>
45インチ以上のロールtoロールプリンターの国内市場は今後拡大が予想されます。“Colorado 1650”はこの市場のハイボリューム層をターゲットとし、大量出力の需要に対し高生産性を提案します。


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. 新開発「FLXfinish(フレックスフィニッシュ)」テクノロジーを搭載し幅広いアプリケーション対応力と高生産性を実現 64インチ対応UV硬化型大判プリンター“Colorado 1650”を発売