先導的共生社会ホストタウンの取組からつなげる 「心のバリアフリー」シンポジウム開催

株式会社JTB(本社:東京都品川区 代表取締役 社長執行役員 髙橋 広行/以下、JTB)は、「地球を舞台に、人々の交流を創造し、平和で心豊かな社会の実現に貢献する」というJTBグループ経営理念に基づき、国が目指す「共生社会の実現」に向けて、「心のバリアフリー」のきっかけとなることを目的としたシンポジウムを、2020年1月24日(金)川崎市高津市民館にて開催します。

第一部では、全国3箇所の先導的共生社会ホストタウン(※1)と障がい当事者(団体等)、企業(オリンピック・パラリンピック等経済界協議会)が連携した「心のバリアフリー」推進の取組について、パネルディスカッションを行います。
第二部では、3箇所の先導的共生社会ホストタウンで実施した具体的な取組について、関係者による発表・意見交換等を行う分科会を予定しています。
JTBは、これらを通して「心のバリアフリー」の第一歩となるように引き続き取り組んでまいります。

(※1)「先導的共生社会ホストタウン」とは、パラリンピアンとの交流をきっかけに共生社会を実現するため、先導的かつ先進的な「心のバリアフリー」及び、「ユニバーサルデザインの街づくり」の取組を総合的に実施するホストタウンを内閣官房(東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局)が認定する自治体。

◆開催概要
【日 時】2020年1月24日(金)
12:30~15:00 /第一部「パネルディスカッション」/ 事前申込制(定員500名)※応募者多数の場合は抽選
            【情報保障】「Live Talk」(音声認識→文字表示)、手話通訳

15:30~16:45 / 第二部「分科会」/ 事前申込制(各定員40名)※応募者多数の場合は抽選
            【情報保障】手話通訳

【会場】川崎市高津市民館(神奈川県川崎市高津区溝口1-4-1 ノクティプラザ2 12階)
【参加費】無料
※シンポジウム及び分科会のお申込み方法と会場地図等詳細は別紙リーフレットをご参照ください。
【主 催】株式会社JTB
【共 催】川崎市
【後 援】オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、三沢市、飯塚市
【特別協力】公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター、東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター
 


◆プログラムと会場
< 第一部 > パネルディスカッション
【会 場】川崎市高津市民館 ノクティプラザ2 12階大ホール           
12:00 / 開場 受付
12:30~12:45 /  開会
主催者挨拶 株式会社JTB 執行役員 個人事業本部 事業統括部長  伊藤 智
ご挨拶   川崎市長  福田 紀彦氏
      国土交通省
12:45~13:00 /  東京パラリンピックを契機とした共生社会の実現に向けて
          ~「共生社会ホストタウン」の取組~
         内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局 参事官 御手洗 潤氏
13:00~15:00 /  パネルディスカッション
【テーマ】先導的共生社会ホストタウンの取組からつなげる「心のバリアフリー」
【パネリスト】
〈青森県三沢市チーム 〉
・三沢市 政策部 政策調整課 オリンピック・パラリンピック推進室 室長 熊野 真希氏
・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会WG②
 日本電気株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 マネージャー 青木 一史氏
・公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター プロジェクトリーダー 伊吹 祐輔氏

〈神奈川県川崎市チーム〉
・川崎市市民文化局 オリンピック・パラリンピック推進室 室長 原 隆氏
・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会WG③ 
 全日本空輸株式会社 オペレーションサポートセンター 品質企画部 堯天 麻衣子氏
・NPO法人 くるみー来未 正会員 大嶋 恭子氏

〈福岡県飯塚市チーム〉
・飯塚市 行政経営部 都市施設整備推進室 主幹 梶原 康治氏
・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会WG③
 富士通株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 シニアディレクター 松田 竜太氏
・飯塚市身体障害者福祉協会 梶原 さおり氏

【コメンテーター】
・東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター 准教授 星加 良司氏

【ファシリテーター】
・株式会社JTB 個人事業本部 全社ユニバーサルツーリズム担当マネージャー 関 裕之

※登壇者とスケジュールは予告なしに変更になる場合がございます。

15:00~15:30 /  休憩

< 第二部 > 分科会
【会 場】川崎市高津市民館 ノクティプラザ2 11、12階 第4、5、6会議室
15:30~16:45 
分科会① 三沢市
【テーマ】パラスポーツを題材にした「心のバリアフリー」の取組
     市内小学生を対象とした「あすチャレ!ジュニアアカデミー」
【主な登壇者】
・三沢市 政策部 政策調整課 オリンピック・パラリンピック推進室 室長 熊野 真希氏
・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会WG②
 日本電気株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 マネージャー 青木 一史氏
・公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター ディレクター 金子 知史氏
・公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター プロジェクトリーダー 伊吹 祐輔氏

分科会② 川崎市
【テーマ】発達障がい児向けサッカー観戦とサッカー教室
     「サッカー×ユニバーサルツーリズム」の取組
【主な登壇者】
・川崎市市民文化局 オリンピック・パラリンピック推進室 室長 原 隆氏
・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会WG③
 全日本空輸株式会社 オペレーションサポートセンター 品質企画部 堯天 麻衣子氏
・公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)社会連携本部 社会連携部 部長 鈴木 順氏
・NPO法人 くるみー来未 正会員 大嶋 恭子氏
・他プロジェクトメンバー(富士通、JTBなど)

分科会③ 飯塚市
【テーマ】「バリアフリーまち歩き点検と共生社会ホストタウンサミット」の取組
【主な登壇者】
・飯塚市 行政経営部 都市施設整備推進室 主幹 梶原 康治氏
・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会WG③
 富士通株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 シニアディレクター 松田 竜太氏
・飯塚市身体障害者福祉協会 梶原 さおり氏
・他プロジェクトメンバー(富士通・JTBなど)

※登壇者とスケジュールは予告なしに変更になる場合がございます。

◆シンポジウムの申込方法
パネルディスカッション及び分科会は事前のお申し込みが必要です。参加ご希望の方は、下記URL、もしくはQRコードよりお申し込みください。スマートフォン及びPCからお申し込み頂けます。
 

 

URL :  https://questant.jp/q/kokoronobf   
QRコード :

※お申し込みを頂いた個人情報は、本件のためにのみ利用し、それ以外の目的では利用いたしません。
※パネルディスカッション及び分科会のお申し込みは申し込み順としますが、応募者多数の場合は抽選させて頂きます。分科会は希望をお伺いしますが、お席を確保するものではございません。
1月17日(金)までにメールで参加証を返信いたします。参加証の返信をもちまして抽選結果とさせて頂きます。
※ドメイン指定をされている方は@tourism.jpからのメールを受けられるよう設定の変更をお願いします。          ※パネルディスカッション及び、分科会について、残席のある場合には当日会場にて受付をさせて頂きます。      当日シンポジウム会場受付に直接お越しください。(名刺をお持ちいただくか、記帳カードへご記入頂きます。)                                                                          
◆申込受付期間: 2019年11月28 日(木)10:00より 2020年1月22日(水)17:00まで
※アクセスができない方は、以下の事務局までメールまたは電話にてお問い合わせください。

 <シンポジウム事務局>
株式会社JTB総合研究所
コンサルティング事業部 ユニバーサルツーリズム推進チーム
TEL     :03-6722-0434(平日10:00~17:00)
E-mail :jsut@tourism.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. 先導的共生社会ホストタウンの取組からつなげる 「心のバリアフリー」シンポジウム開催