関空内店舗「J’s Agri Market」で冷凍寿司を販売開始

日本の本格的な寿司を手土産に!

株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:髙橋 広行)は、関西国際空港国際線ゲートエリア内で自社運営する日本産農産物の販売店舗「J’s Agri Market(ジェイズアグリマーケット)」において、2019年12月2日(月)より大起水産グループの冷凍押し寿司の販売を開始します。

穴子押し寿司・えび押し寿司・焼きさば押し寿司(イメージ)穴子押し寿司・えび押し寿司・焼きさば押し寿司(イメージ)

「J’s Agri Market」は2018年12月にオープン以来、訪日客にも人気が高い日本産の旬の果物を中心に販売し、累計13,000名以上のお客様にご利用いただいています。このたび、日本食の中でも人気の「お寿司」を手軽に持ち帰ることができるように、冷凍寿司の販売を開始します。大起水産グループ会社である大起産業株式会社が独自に開発した冷凍寿司は、「寿司屋のお寿司」をそのまま再現した本格的な押し寿司です。冷凍寿司は、約5時間の自然解凍後、電子レンジで30秒温めてお召し上がりいただけます。訪日の思い出として帰国後にもお寿司を味わっていただくことにより、海外での日本食・日本食材の消費喚起につなげます。

Js Agri Market(イメージ)Js Agri Market(イメージ)

日本産農林水産物・食品の輸出は年々増加し、2018年は9,068億円(前年同月比12.4%増)となりました(※1)。農林水産省は、さらなる輸出拡大をめざし、各国との交渉から輸出審査までを一元化する新たな組織を新設することを発表しています(※2)。JTBは、食農観光連携事業「J’s Agri」を通じて、日本産農産物の輸出拡大と訪日客のお土産消費拡大および利便性向上に貢献してまいります。


※1:農林水産省「平成30年農林水産物・食品の輸出実績」より
※2:農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議 (第3回)より(令和元年6月4日)

【冷凍寿司商品概要】
・大起水産 押し寿司(3種類):
 穴子押し寿司(1本1000円)・えび押し寿司(1本1000円)・焼きさば押し寿司(1本1000円)
・販売時期:通年
※ECサイト「J’s Agri」でも予約注文を承ります(出国7日前まで購入可能)。
※「J’s Agri Market」、ECサイト「J’s Agri」で購入時は不課税です。

【J’s Agri Market店舗概要】
・営業時間:8:00~19:30
・所在地:関西国際空港 第1ターミナルビル 国際線ゲートエリア北側(出国審査後の制限エリア内)
・取扱商品:日本産の旬の果物を中心に販売
・人気商品:メロン・桃・シャインマスカット・柿・いちご 等
 

「J’s Agri」とは
JTBでは、日本の「食」「農」と「観光」、そして「文化」を結びつけ、国内外に“本物の日本の魅力を伝えることにより、交流人口の拡大と豊かな地域づくりに貢献することを目的に、食・農×観光連携事業「J’s Agri」に取り組んでいます。
「J’s Agri」は、越境ECサイトにおいて地域産品の輸出支援や販売、また、訪日客向け着地型商品の企画・販売を行い生産地へ誘客することで、地域振興につなげていきます。
 販売サイト:https://js-agri.jp/en(英語)
       https://js-agri.jp/zh-tw (繁体字)

<一般のお客様・自治体・生産者の皆様からのお問合せ先>
JTB 霞が関事業部  J’s Agri担当:西川
TEL:03-6737-9210 (9:30~17:30/土日祝休業)
食と農で地域を元気にするプロジェクト https://www.jtb.co.jp/chiikikoryu/solution/shokunou/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. 関空内店舗「J’s Agri Market」で冷凍寿司を販売開始