2年連続 スポーツエールカンパニー・東京都スポーツ推進企業に認定

従業員への積極的な働きかけが評価

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、定期的な体組成測定会実施や健康強化月間の導入など、従業員の健康に対する積極的な働きかけが評価され、スポーツ庁から「スポーツエールカンパニー」※1、東京都から「東京都スポーツ推進企業」※2として、いずれも2年連続で認定されました。
※1…運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、スポーツ庁が「社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業」を認定する制度。  
※2…東京都が「スポーツ推進企業認定制度に基づいて、従業員のスポーツ活動の促進に向けた取組やスポーツ分野における支援を実施している企業」を認定する制度。
<主な取組>
●定期的な体組成測定会実施(1回/月)


本社にて、体重・体脂肪率・筋肉量・タンパク質量・筋肉や脂肪の均衡等の測定会を毎月実施。また、測定結果に基づいた保健師の健康相談を行っており、従業員1人ひとりに合う健康促進法を提案しています。

 ●Wellness月間の設定、健康推進ポイントプログラムの実施
7~8月を「Wellness月間」とし、健康に関する活動項目や活動量に応じたポイントを設定。期間中の獲得ポイント上位者に賞品を贈呈し、楽しみながら健康維持に取り組めるプログラムを実施しました。

 ●昇降デスクの導入


2019年5月、本社の一部に机の高さを調整できる昇降デスクを導入。業務中に足踏みや簡単なエクササイズが可能になり、従業員の腰痛や血行不良の改善に役立ちました。

●健康促進イベントを実施
ウォーキングイベントや、ストレッチセミナーなどを全国各地で実施し、累計約100名が参加しました。また、ストレッチに関するリーフレットを全拠点で掲示し、従業員の健康に対する意識を高めました。


そのほか、運動部の活動、工場における運動会実施、障がい者スポーツイベントへの参画など、多岐にわたって健康に関する取組を推進しています。

 カルビーグループは、企業の成長には従業員とその家族の健康が不可欠との考えから、2016年より健康経営に本格的に着手し、禁煙の推進、食事や運動の生活習慣改善を含めた健康維持・増進活動に取り組んでいます。「カルビーグループ健康宣言」のもと、従業員とその家族が心身ともに健康で豊かな人生を歩み、やる気とチャレンジ精神を持って、明るくイキイキと働ける「健康企業」を目指しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルビー株式会社 >
  3. 2年連続 スポーツエールカンパニー・東京都スポーツ推進企業に認定