パーソナルオーダーブランド『STORY & THE STUDY』福島でスーツを手掛ける職人が東京でお客様とそのこだわりを語る「CRAFTSMANSHIP OF FUKUSHIMA」12/12(木)開催

ー 服飾ジャーナリスト山本晃弘氏をMCに迎え、福島“幻の酒”「飛露喜」と共に伝統と革新を語る -

株式会社三陽商会(本社:東京都新宿区、以下 三陽商会)のパーソナルオーダースーツブランド『STORY & THE STUDY』(ストーリー アンド ザ スタディー)は、 12月12日(木) 、「GINZA TIMELESS 8」にて、パーソナルオーダーを楽しむ大人に向けて作り手とのコミュニケーションの場を提供することを目的に「CRAFTSMANSHIP OF FUKUSHIMA サンヨー・インダストリー×廣木酒造本店」を開催いたします。このイベントでは、「STORY &THE STUDY」のスーツを手掛ける福島の工場サンヨー・インダストリーから技術部長 松下 一秀(まつした かずひで)と、同じく福島で進化する蔵として日本酒「飛露喜(ひろき)」を醸す廣木酒造本店から社長 廣木 健司(ひろき けんじ)氏が登壇。MCに服飾ジャーナリストの山本 晃弘(やまもと てるひろ)氏を迎え、“福島”をつながりとしながら“スーツ”と“日本酒”という異なるジャンルの伝統と革新によるものづくりのこだわりについて語るトークショーを開催いたします。

■『 STORY & THE STUDY CRAFTSMANSHIP OF FUKUSHIMA 』 イベント概要
【日    時】
12月12日(木)19:00〜21:00(18:30 開場)
【会    場】
GINZA TIMELESS 8  9階『TIMELESS Lounge』店内(東京都中央区銀座8丁目8−9)
【内    容】
19:00~ トークショー「作り手たちによるものづくりのこだわりについて 」
 作りあがった商品を前にそれを実際に作った職人が登壇し、伝統と革新を背景にこだわりや違いを生み出す現場の工程などものづくりに関してお話いたします。 “幻の酒”「飛露喜 純米大吟醸」を会場にて振る舞いますのでトークとともにお楽しみ いただけます。
20:00~懇親会
登壇した作り手たちと日本酒を交わしながらお話いただけます。
お客様同士での情報交換の場としてもご利用ください。
抽選でのプレゼント、お土産もご用意しております。
※日本酒は、未成年者やお車運転のお客様にはご提供することができませんのでご了承ください。
※ご提供の際、年齢確認をさせていただく場合がございます。
【登    壇】
サンヨー・インダストリー 技術部長  松下一秀
廣木酒造本店 社長    廣木健司氏
三陽商会「STORY & THE STUDY」 デザイナー 山本聡
司会:ヤマモトカンパニー 山本晃弘氏
【参加人数】
先着50名様限定
【参加方法】
『STORY & THE STUDY』サイトよりお申し込みください。URL: https://www.story-study.com/
このイベントは先着順となります。
【参 加 費】 
無料
■ 登壇者について

株式会社サンヨー・インダストリー   技術部長  松下 一秀(まつした かずひで)
スーツメーカーにて企画、パターン、裁断、縫製とテーラードにおけるものづくり一連の業務を担う。その後、高級紳士服を手掛ける職人工房へ入社。工場次長として技術及び生産の管理を担当、パターンオーダーを含むスーツづくりに携わる。
2018年 株式会社サンヨー・インダストリーに技術部長として入社、職人の技術の向上、進化を目指し職人の現場を牽引する。
 

 

株式会社 廣木酒造本店  代表取締役  廣木 健司(ひろき けんじ)氏
福島県会津坂下町出身。青山学院大学経営学部を卒業後、キリン・シーグラム株式会社(現:キリン ディスティラリー株式会社)入社。92年帰郷し、廃業寸前の実家を継ぎ、未経験ながら酒造りに携わる。その後、父親の8代目・廣木三郎次さんの死去を契機に、従来の経済酒一辺倒の経営をやめ、味で勝負すべく「飛露喜」を世に送り出した9代目。

 

 

 

服飾ジャーナリスト  山本晃弘(やまもと てるひろ)氏
『アエラスタイルマガジン』エグゼクティブエディター兼WEB編集長。『メンズクラブ』『GQジャパン』などを経て、2008年に『アエラスタイルマガジン』を創刊。2019年に自らの会社ヤマモトカンパニーを設立し、ファッションに関する編集や執筆のほか、ビジネスマンや就活生にスーツの着こなしを指南する「服育」アドバイザーとしても活動中。著書に『仕事ができる人は、小さめのスーツを着ている。』がある。
■ 『サンヨー・インダストリー』について

福島県福島市にあるテーラード工場(J∞クオリティ認証工場)。1976年に設立後紳士のスーツを中心に生産。代々の職人の技術を引き継ぎながら今なお進化を目指している。

スーツづくりは、1着の工程に約70人の職人の手が加わり、通常7,000秒かかる工程に対しその倍の14,000秒をかけ、熟練した技術者が1mm単位の調整を行うことで、個々の体型に合わせ立体的なシルエットの美しさ、ソフトで軽い実用感を実現。ラペルの薄くて綺麗な小丸、極限までミシン調整した美しい釦ホールなど細部にも拘ったものづくりを行っている。
■ 廣木酒造本店について

福島県会津坂下町に本社・工場を置く日本酒メーカー。創業以来の「泉川」と貴重な幻の銘酒「飛露喜」の2銘柄を醸造し、年間生産量は1,800石。創業は江戸後期の文化・文政時代、1961年に合資会社に。代々廣木三郎次を襲名、現在9代目という日本酒復権の一翼を担った老舗。
2019年10月、合資会社より株式会社へ組織変更。
酒どころ米どころの会津の蔵らしく、近隣で契約栽培した酒米を使って、さらなる味の向上と地域貢献を目指す。

■ 『STORY & THE STUDY』について
~「GINZA TIMELESS 8」6階フロアに第1号店をオープン~
「STORY & THE STUDY」は、三陽商会がこれまでに培ってきたものづくりに対する技術力に加えて、新たな取り組みとして最先端のデジタルテクノロジーを活用した、三陽商会で初めてのパーソナルオーダースーツブランドです。
2019年9月6日(金)にリニューアルオープンした当社直営店『GINZA TIMELESS 8(ギンザ・タイムレス・エイト)』6階に第1号店をオープンしました。
~徹底的なクラフトマンシップと最先端のデジタルテクノロジー~
スーツは福島にあるテーラード工場サンヨー・インダストリー(J∞クオリティ認証工場)で生産し、熟練した技術者が個々の体型に合わせた無理のない理想のシルエットを実現します。また、プロのフィッターによる採寸に加えて、独自の3D Fitting Analyzer(3D解析ツール)を採用。お客さまの体型・姿勢の特徴を立体的に解析することを可能にし、単純な測定方法だけでは実現できない快適なフィット感を提供可能にしました。
〜 「スーツを着ていく場所」を提案〜
「STORY & THE STUDY」ジャケットスタイルやスーツをライフスタイルとして楽しんでいただけるよう定期的にイベントを行い、「スーツを着ていく場所」をご提案しています。
スタッフだけでなくお客様同士、作り手との交流を深めながら「スーツコミュニティ」をつくり、ドレスアップの楽しさを広めていきたいと考えています。ビジネススタイルだけではない新しいオーダースタイルを文化としてつくりあげていきます。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社三陽商会 >
  3. パーソナルオーダーブランド『STORY & THE STUDY』福島でスーツを手掛ける職人が東京でお客様とそのこだわりを語る「CRAFTSMANSHIP OF FUKUSHIMA」12/12(木)開催