油槽所等に設置する大型蓄電池を活用したバーチャルパワープラント構築実証事業に参画

-需要家のエネルギーリソース活用の仕組み構築で再生可能エネルギー導入拡大に貢献-

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役 社長:木藤 俊一、トレードネーム:出光昭和シェル、以下当社)はリソースアグリゲーター※1を務める横河ソリューションサービス株式会社とともに、経済産業省が公募する平成31年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」に参画します。本実証事業は、昨年当社グループの西部石油株式会社山口製油所の自家発電設備を活用して行った実証事業に続くものです。
VPP構築実証事業は、高度なエネルギーマネジメント技術により、工場や家庭などが有する需要家側エネルギーリソース※2を遠隔制御・統合管理し、あたかもひとつの発電所のように機能させる仕組みの構築を目指すものです。VPPは、火力電源の代替となる需給調整力の創出と再生可能エネルギーのさらなる導入を可能にする新たなエネルギーシステムとして注目されています。

当社は本実証事業において、自社グループの油槽所である新潟石油製品輸入基地(新潟県新潟市)および潤滑油を製造するシェルルブリカンツジャパン株式会社神戸事業所(兵庫県神戸市)の2カ所に大型蓄電池を新たに設置します。当社グループの西部石油株式会社山口製油所にある自家発電設備と合わせて実証を行い、当社が自社グループのプラント等にある自家発電設備と蓄電池を制御してVPPを実施する際のポテンシャルについて検証します。なお、本事業は、平成31年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業費補助金」を受けて、関西電力株式会社がアグリゲーションコーディネーター※3として実施する「関西VPPプロジェクト」の一環で行います。

当社は、エネルギー企業として持続可能な社会の構築を目指し、再生可能エネルギーの普及および分散型エネルギー社会の実現に向けた事業開発を進めています。本実証事業への参画を通じてVPPに関する知見を習得することで、自社グループリソースを活用した事業開発に加え、石油・電力・太陽電池事業のお客様に対する新たな付加価値サービスの企画と、お客様と新たな接点を構築できるビジネスモデルの確立を目指します。

※1:需要家とVPPサービス契約を直接締結してリソース制御を行う事業者
※2:需要家の受電点以下(behind the meter)に接続されているエネルギーリソース(発電設備、蓄電設備、
      需要設備)を総称するもの
※3:リソースアグリゲーターが制御した電力量を束ね、一般送配電事業者や小売電気事業者と直接電力取
  引を行う事業者

概要イメージ図概要イメージ図

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 出光興産株式会社 >
  3. 油槽所等に設置する大型蓄電池を活用したバーチャルパワープラント構築実証事業に参画