アクセンチュア、参天製薬の世界規模のデジタル変革に向けた基幹システム全面刷新プロジェクトを受託

SAP S/4HANAを活用し、世界各国の基幹業務を統合

【東京発:2019年10月31日】
アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下 アクセンチュア)は、参天製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼CEO:黒川 明、以下 参天製薬)から、世界規模のデジタル変革に向けた基幹業務システムの全面刷新プロジェクトを受託したことを発表します。

参天製薬は、アクセンチュアの支援のもと、世界20以上の国・地域に及ぶ全拠点でのサプライチェーン、財務・会計などの基幹業務システムを、SAPの次世代ERP「SAP S/4HANA®」を中心に全面刷新します。事業環境の変化や事業拡大に対して、柔軟かつ機動的なクラウドサービスの導入・利用が可能になることで、世界規模でのデジタル変革に向けた基盤をより一層強化します。

アクセンチュアは、世界規模の本プロジェクトを迅速かつ着実に進めるためには多様な人材が必要であると考え、日本をはじめ米国、インド、中国などのオフィスに在籍する専門家による1つのグローバルなプロジェクトチームを編成して、国内外で培われた製薬業界や先端SAPテクノロジーに関するノウハウや知見を活用します。また、同社が開発したSAP向けテンプレート「Accenture myConcerto」を全面的に活用します。参天製薬はこのテンプレートにもとづき、各国共通のシステムテンプレートを開発した上で、東南アジアを皮切りに、世界の全拠点でSAP S/4HANA®を順次導入します。

参天製薬 執行役員 CIO 情報システム本部長 山本 範明は、次のように述べています。「参天製薬が、目の領域に特化したスペシャリティ・カンパニーとして世界の人々の目の健康に貢献し、持続的に成長していくためには、グループ全拠点における業務プロセスのさらなる標準化および効率化が不可欠です。クラウドをはじめとしたデジタル技術を活用し、業務プロセスを世界規模で統合する今回のプロジェクトは、当社が成長を続けるための基盤となるものであり、製薬業界ならびにSAP S/4HANA®の導入に精通したアクセンチュアだからこそ推進できるものと確信しています。」

アクセンチュア 製造・流通本部 ライフサイエンス グループ マネジング・ディレクターの山本 修は次のように述べています。「参天製薬がさらなる成長を遂げる上で、重要なプロジェクトを受託することができ嬉しく思います。アクセンチュアは、ガートナー社から全世界のSAP S/4HANA®導入におけるリーダー企業に認定されているほか、製薬業界においてSAPテクノロジーをベースとした世界規模の変革プロジェクトの支援実績を数多く有しています。こうした強みを活かすことで、参天製薬のより一層の成長と変革を実現できるよう尽力してまいります。」

アクセンチュアについて
アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンスの実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する49万2,000人の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクセンチュア株式会社 >
  3. アクセンチュア、参天製薬の世界規模のデジタル変革に向けた基幹システム全面刷新プロジェクトを受託