東京ビエンナーレ2020プレイベントに塗料を協賛いたします

「水都・日本橋のゲニウス・ロキはどこへ向かう?コンテンポラリーアーティスト3人の作品展

 日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長兼CEO:田堂哲志)のグループ会社で、主として汎用(建築用・重防食用・自動車補修用)塗料の製造・販売を手がける日本ペイント株式会社(本社:東京都品川区、社長:喜田益夫)は、東京ビエンナーレ2020プレイベント「水都・日本橋のゲニウス・ロキ(地霊)はどこへ向かう?コンテンポラリーアーティスト3人の作品展」(主催;一般財団法人東京ビエンナーレ、東京ビエンナーレ市民委員会)に、水性塗料製品を提供致します。
当イベントは、2019年10月26日(土)~11月10日(日)、東京日本橋COREDO室町で開催する予定です。

 今回は、2020年7~9月にかけて開催予定の「東京ビエンナーレ2020」のプレイベントとして神田・日本橋・京橋・番町・池袋を舞台に開催されるものです。日本橋では「水都東京・日本橋の未来」(仮称)をテーマに、歴史や文化が地層のように重なる日本橋という地域を講演やアートで掘り下げ、地域の未来に思いをはせます。明治初期より現代まで日本全国の町の彩りに塗料で貢献してきた当社にとって、日本の大都市の未来を考えることに大きな意義があるため、協賛を決定しました。
 当社は参加アーティスト3名のうち、やんツー氏が制作予定である作品「ポストIoT時代の未来感とビジョンの作品化~最新テクノロジーが描き出す水都日本橋の未来」の川を表現する青色に、水性塗料製品を提供致します。

東京ビエンナーレ2020プレイベント「水都・日本橋のゲニウス・ロキはどこへ向かう?」の概要
会期 2019年10月26日(土)~11月10日(金)

12:00~20:00(最終日は18:00まで)
会場 COREDO室町テラス3階 室町三井ホール&カンファレンス

(東京都中央区日本橋室町3-2-1)
入場料 無料
協賛 三井不動産株式会社 日本ペイント株式会社
当社提供製品 オーデコートGエコ(室内環境配慮形水性つや有り塗料)

東京ビエンナーレ2020(東京ビエンナーレWEBサイトより)東京ビエンナーレ2020(東京ビエンナーレWEBサイトより)

 

【「東京ビエンナーレ2020」について】
「東京ビエンナーレ」は、「まちの創造力が宿る、開かれた実験の場」をテーマに、街に宿る文化資源を丁寧に感じ取りアートで表現する。2020年7月3日(金)~9月13日(日)にかけて千代田区・中央区・文京区・台東区の4区エリア内各地で会場設定される大規模なアートイベント。 https://tokyobiennale.jp/

 

やんツー氏 Photo by Takuya Matsumi(やんツー氏webサイトより)やんツー氏 Photo by Takuya Matsumi(やんツー氏webサイトより)

【アーティスト・やんツー(山口崇洋氏)について】
1984年神奈川県生まれ。2009年多摩美術大学デザイン研究領域修了・デジタルメディアを基盤に、行為の主体を自律型装置や外的要因に委ねることで人間の身体性を焙り出し、表現の主体性を問う作品を多く制作する。文化庁メディア芸術祭アート部門にて新人賞(第15回)、優秀賞(第21回)などの受賞経験がある。http://yang02.com/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ペイントホールディングス株式会社 >
  3. 東京ビエンナーレ2020プレイベントに塗料を協賛いたします