〈ご参考資料〉令和元年度「消費者志向経営優良事例表彰」消費者庁長官表彰を受賞


サントリーホールディングス(株)は、消費者庁が主催する令和元年度「消費者志向経営優良事例表彰」において、消費者庁長官表彰に選定され、1月24日(金)に表彰されました。この賞は、「消費者志向自主宣言」を公表し、宣言に基づいて優れた取り組みを行っている企業を表彰するものです。

サントリーグループは、世界中の人々に最高品質の商品・サービスをお届けすることで、人々の心豊かな生活の創造に貢献するとともに、水や自然の恵みに感謝し、美しい地球環境との共生を実現することを自らの使命として掲げています。

こうした思いを込めた消費者志向自主宣言に基づき、お客様第一の姿勢でさまざまな活動に取り組んでおり、今回の受賞を大変意義深く受け止めています。
これからも「人と自然と響きあう」という企業理念のもと、グローバルでサステナブルなお客様志向経営を推進し、お客様に支持される「Growing for Good」な企業を目指していきます。

▽サントリーの消費者志向自主宣言
https://www.suntory.co.jp/company/csr/activity/service/consumer/

▽サントリーの消費者志向自主宣言 活動報告書(2018年度)
https://www.suntory.co.jp/company/csr/activity/service/consumer/report/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サントリーホールディングス株式会社 >
  3. 〈ご参考資料〉令和元年度「消費者志向経営優良事例表彰」消費者庁長官表彰を受賞