Ruby合宿2020春 参加者募集開始

プログラミング言語Rubyを使ったチーム開発を体験する、4泊5日のプログラミング合宿

島根県は全国の学生、25歳未満の求職者を対象に、横スクロールシューティングゲーム作成を通してRubyでのチーム開発を体験するRuby合宿2020春を3月2日(月)~6日(金)の期間で開催します。

 

 

島根県は、大学、高専、専門学校、高校等の学生を対象に、プログラミング言語「Ruby」を使いチームでのプログラミングを体験する、4泊5日の合宿を開催します。

 Ruby合宿公式サイト  https://www.rubycamp.jp/


1.募集期間

令和元年11月5日(火)~令和2年1月14日(火)

2.開催日時
令和2年3月2日(月)14:00~6日(金)16:30(4泊5日)

3.会場
島根県立青少年の家 サン・レイク(出雲市小境町1991-2)
※初日の集合場所は松江オープンソースラボ(松江市朝日町478-18 松江テルサ別館2階)

4.対象
学生、生徒または25歳未満(平成31年4月1日時点)の求職者の方で、以下の条件をすべて満たす方
・チーム開発に興味のある方
・将来、ソフト系IT産業で働きたいと考えている方
・主催者が行うアンケートにご協力いただける方
※ただし、応募多数の場合は島根県在住または、島根県出身の方を優先します。

5.内容
プログラミング言語「Ruby」を使用し、サンプルプログラムを参考に、数名のチームで横スクロールシューティングゲームを作成します。
また、Ruby開発者まつもとゆきひろ氏の講演会、島根県内IT企業視察やIT企業との交流会も行います。

6.参加費
7,000円 (宿泊費、食費、傷害保険料等)

7.参加人数
30名程度

8.事前講義
令和2年2月15日(土)に松江オープンソースラボにて、Git入門、サンプルプログラムを使用したプログラム作成のポイントについての事前講義を行います。



夏合宿の様子

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 島根県 >
  3. Ruby合宿2020春 参加者募集開始