【アーツカウンシル東京】「東京キャラバン in 北海道」パフォーマンス観覧募集開始!

2020年とその先へ! 新たな創造の“種”が北海道で花開く!!
「東京キャラバン」は、野田秀樹(劇作家・演出家・役者) 総監修のもと、言語や国境、表現ジャンルを超えた多種多様なアーティストたちへの参加を呼びかけ、これまでおおよそ交わることのなかった表現者同士の“文化混流”を実現させることで、新しい表現によるパフォーマンスを創出し続けている“旅する文化ムーブメント”です。「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の主要プログラムであり、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の公認文化オリンピア―ドのひとつとして、全国各地で展開しています。
「東京キャラバン」では、2020年1月11日(土)、12日(日)にモエレ沼公園ガラスのピラミッドにて開催する「東京キャラバン in 北海道」パフォーマンスの観覧募集を開始します。今回、歌手やファッションモデル、女優など多方面で活躍するアーティストの木村カエラ(きむら かえら)さんが初参加。また、北海道の文化を担う若手や多彩な表現者たち、琉球舞踊や男鹿のなまはげらが登場します。ここ北海道でしか観ることのできない貴重なパフォーマンスを、是非とも“生”で体験してください!

東京キャラバン in 北海道
【公開ワークショップ】
2019年12月21日(土)13:30~17:00
会場:白老町中央公民館・コミュニティセンター(北海道白老郡白老町本町1丁目1−1)
2019年12月22日(日)11:00~17:00
会場:サッポロファクトリーホール(北海道札幌市中央区北2条東3丁目)
※観覧無料、事前予約不要

【パフォーマンス】
2020年1月11日(土)12:30~/16:30~、1月12日(日)12:30~/16:30~
会場:モエレ沼公園ガラスのピラミッド(北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1)
※観覧無料、事前申込制・応募者多数の場合は抽選(各回定員200人程度)
応募方法:「往復はがき」または「公式ウェブサイトの申込フォーム」にてご応募ください。
応募期間:2019年11月1日(金)~12月23日(月)

参加アーティスト:野田秀樹、木村カエラ(アーティスト)、“東京キャラバン”アンサンブル(石川詩織、上村聡、川原田樹、近藤彩香、末冨真由、手代木花野、福島彩子、松本誠、的場祐太、吉田朋弘)、沢則行(人形劇師)、公益社団法人北海道アイヌ協会(アイヌ古式舞踊)、ライリー大仁(江差追分)、琉球舞踊(立方:阿嘉修、佐辺良和、大浜暢明、玉城匠 地謡:玉城和樹、和田信一)、男鹿のなまはげ ほか
参加クリエーター:服部基(照明)、原摩利彦(音楽)、ひびのこづえ(衣装)、赤松絵利(ヘアメイク) ほか
東京キャラバン総監修:野田秀樹(劇作家・演出家・役者)
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、北海道
協力:北海道舞台塾実行委員会(公益財団法人北海道文化財団・北海道)

「東京キャラバン in 北海道」パフォーマンスをより多くの皆さまにご覧いただけるよう、1月12日(日)16:30から公式ウェブサイトにてライブ中継いたします。
■東京キャラバン 公式ウェブサイト:http://tokyocaravan.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人東京都歴史文化財団 >
  3. 【アーツカウンシル東京】「東京キャラバン in 北海道」パフォーマンス観覧募集開始!