オフィスリニューアルでワークスタイル変革を コンセプトは「未来に続くオフィスの実現」

~サービス先端企業として、クレディセゾンらしい価値を提供し続けるために~

 株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長COO:山下 昌宏、以下「当社」)は、経営理念である「サービス先端企業」として新たな価値を提供し続けるための職場環境・風土創りを目指し、2017年に引き続き、本社オフィスのリニューアルを実施いたしました。今回新設したフロアでは、「公園」をモチーフとした開放的なスペースを設けて社内外の人が集まることでイノベーティブなアイディア創出を促すほか、固定席を設置しないフリーアドレスを導入し、経営戦略に沿った組織改定等にも柔軟に対応できるオフィス環境を整備しました。
■コンセプト
「Various Circles for the future. ~ 未来に続くオフィスの実現 ~ 」

コンセプト「CIRCLE」」コンセプト「CIRCLE」」

コンセプト「CIRCLE」コンセプト「CIRCLE」

■リニューアル内容
<開放的なコミュニケーションスペースを新設>
「公園」をモチーフとした開放的なスペースを新設しました。部署の垣根を越えた交流を活発にする風通しの良いスペースを創ることで、社員間のコミュニケーションを活性化します。また、商品説明会、セミナー、イベント等での使用も可能で、社内外の交流を生み出しイノベーションの醸成につなげます。同スペースには、当社が群馬県渋川市にて運営する赤城自然園の環境整備の際に出る間伐材を利活用したテーブル・椅子を設置し、環境にやさしい空間を創出しました。

オフィスリニューアル「パーク」①オフィスリニューアル「パーク」①

 

オフィスリニューアル「パーク」②オフィスリニューアル「パーク」②

<未来の働き方を模索できる社内用会議室の増設>
社内研修やミーティングで利用できる会議室を増設しました。各会議室にモニターを設置しペーパレス化を促進しています。会議室の使用には、クラウド型の予約システムを導入し、状況に合わせたフレキシブルな利用が可能になりました。また、会議室の利用実態をデータ化することで、オフィススペースの有効活用を促進していきます。

 

オフィスリニューアル「会議室」オフィスリニューアル「会議室」

<フリーアドレス導入を通じた経営戦略に対応できる環境整備>社員の自主性を尊重するフリーアドレスの執務スペースを新設したほか、扉のない開放的なミーティングスペースや個人の作業に集中できる1人専用の「集中ブース」も設け、多種多様な働き方を可能にしました。また、スマートフォンの内線化を行うことで、場所に捉われないコミュニケーションが可能になり、柔軟なビジネスコミュニケーションを通じて社員一人ひとりのパフォーマンスの最大化を図ります。

オフィスリニューアル「ワークスペース」①オフィスリニューアル「ワークスペース」①

オフィスリニューアル「ワークスペース」②オフィスリニューアル「ワークスペース」②

 当社では、2017年7月より段階的にオフィスリニューアルを行うことで多様なワークスペースを創出し、ワークスタイル変革を進めてまいりました。また、同年9月には、社員区分を撤廃し、全社員を無期雇用とした上で賃金を含むすべての制度を統一した「全社員共通人事制度」を導入することで、社員の活躍するフィールドを拡げ「挑戦する企業文化」の創造に取り組んでいます。

 中期経営ビジョン「Neo Finance Company in Asia」を掲げた2021年までの中期経営計画の実現に向けて、既存ビジネスモデルの変革が求められる中、今回さらにワークスタイルの変革および業務効率化を進めることで、柔軟で多様な働き方の実現に取り組んでまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クレディセゾン >
  3. オフィスリニューアルでワークスタイル変革を コンセプトは「未来に続くオフィスの実現」