【バレー/Vリーグ】トヨタ車体クインシーズ・荒木絵里香選手 が通算ブロック決定本数の日本記録を更新!

バレーボール国内トップリーグであるV.LEAGUEで、トヨタ車体クインシーズ所属の荒木絵里香(あらき・えりか)選手が通算ブロック決定本数を「1044本」とし、これまでの「1042本」(記録保持者:杉山祥子(NECレッドロケッツ))を更新!今シーズンどこまで記録を伸ばすのか、さらなる活躍に注目だ。
 荒木選手は、第10回Vリーグより東レアローズに入団し、2003年12月7日に初出場(対 茂原アルカス/茂原市市民体育館)。以降、出場を重ね本日10月27日(日)に滋賀県草津市・YMITアリーナ(くさつシティアリーナ)で開催された 対 埼玉上尾メディックス戦で、通算ブロック決定本数を「1044本」とし、これまでの「1042本」(記録保持者:杉山祥子(NECレッドロケッツ))を上回るとともに、さらに記録を更新した。
 

トヨタ車体クインシーズ・荒木絵里香選手トヨタ車体クインシーズ・荒木絵里香選手

ブロックを狙う荒木絵里香選手(写真は2019.10.12 対JT戦)ブロックを狙う荒木絵里香選手(写真は2019.10.12 対JT戦)












 
  • 荒木絵里香選手コメント
 私がバレーボールのプレーの中で1番悩んで、考えて、 こだわって取り組んできたブロックで記録を更新でき、とても嬉しいです。
 今まで所属した東レアローズ、埼玉上尾メディックス、そしてトヨタ車体クインシーズの共に闘ったチームメイト、スタッフ、関係者の方々、応援してくださるファンのみなさんのおかげで、この記録が更新できました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 これからも私とブロックとの闘いは続いていくので、ひたむきに努力し続けていきます。 そして、バレーボールの魅力をたくさんの方に伝えられるような選手、チームであれるように精一杯頑張ります。今後とも応援をよろしくお願いします。

 
  • 通算ブロック決定本数 (上位5位)
順位 選手名 所属チーム リーグ数 決定本数
1 荒木 絵里香 ※ トヨタ車体クインシーズ 15 1,044本
2 杉山 祥子 NECレッドロケッツ 15 1,042本
3 多治見 麻子 パイオニアレッドウィングス 15 812本
4 森 和代 岡山シーガルズ 16 762本
5 江藤 直美 JTマーヴェラス 11 753本

  ※2019-20シーズン登録選手



 
  • 荒木絵里香選手のプロフィール
所属   トヨタ車体クインシーズ

生年月日   1984年8月3日 (35歳)
出身地   岡山県倉敷市
出身校   成徳学園高校 (現・下北沢成徳高校)

□初出場   第10回Vリーグ (2003/04)
2003年12月7日 対 茂原アルカス戦 (茂原市市民体育館)

□主な代表歴
2005年 ワールドグランドチャンピオンズカップ
2006年 世界選手権
2007年 ワールドカップ
2008年 北京オリンピック出場 (第5位)
2009年 ワールドグランドチャンピオンズカップ
2010年 世界選手権銅メダル獲得
2011年 ワールドカップ
2012年 ロンドンオリンピック銅メダル獲得
2016年 リオデジャネイロオリンピック出場 (第5位)
2017年 ワールドグランドチャンピオンズカップ
2018年 世界選手権
2019年 ワールドカップ

□主な受賞歴(Vリーグ) 
2011/12  Vリーグ栄誉賞 (個人記録で傑出した選手)
2014/15  Vリーグ栄誉賞 (長期にわたってVリーグで活躍している選手)
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 >
  3. 【バレー/Vリーグ】トヨタ車体クインシーズ・荒木絵里香選手 が通算ブロック決定本数の日本記録を更新!