城田優さんが、今度は“働き方改革”を提案! 〜Visa、「キャッシュレスでもっとスマートに」ランチ篇を本日公開〜

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:スティーブン・カーピン、以下Visa)は本日、キャッシュレス推進プロジェクト「Lead Smart」の活動として展開している城田優さん出演のPR ムービー「キャッシュレスでもっとスマートに」ランチ篇を公開しました。  

今回のランチ篇では、みんながVisaのタッチ決済を使ってキャッシュレスにすれば、ランチ時の会計がスムーズになり自由な時間が増え、午後の仕事への活力となり働き方改革にもつながると提案しています。 
 

            PRムービー「キャッシュレスでもっとスマートに」ランチ篇


Visaが東京都内で就業する20~40代男女400人を対象に実施した調査「お金・決済とライフスタイル調査」[1]では、昼休みの平均時間は約56分であるのに対し、そのうち食事に充てられる時間(移動時間を含む)は平均31分という結果が出ました。中でも35~49歳男性の45%は、食事に充てられる時間が15分程度と大変短くなっています。さらに同調査では、84%が「ランチ時の会計のレジ行列にイラッとしたことがある」と答え、「キャッシュレスが進むと、ランチ会計の時間は短縮されると思う」と考える人は、91%にものぼっています。

Visaのタッチ決済は、店員にカードを渡すことなく、レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカードをタッチするだけで、サインも暗証番号の入力も不要で、スピーディーかつ安全にお支払いが完了します。[2] Visaのタッチ決済は、貴重な食事時間の中で会計にかかる時間を短縮することにもつながるキャッシュレス決済方法です。

また、加盟店にとっては、サインや暗証番号の入力が不要なVisaのタッチ決済を導入することで、レジでの待ち時間を短縮し、顧客満足の向上・維持が期待できます。日常利用でのレジで決済にかかる所要時間は、現金の場合は、約10~23秒かかるのに比べ、Visaのタッチ決済の場合は、約4~12秒に短縮できることが分かっています。[3]

Visaでは、日本政府が掲げる2025年までにキャッシュレス決済比率を40%にするという目標[4]の達成に貢献するため、キャッシュレスのベネフィットを消費者の皆さまにお伝えする活動としてPRムービーを展開しています。なお、Visa のキャッシュレス推進の取り組みを知っていただくために、Visaウェブサイト上にCashless Lab(キャッシュレス・ラボ)https://www.visa.co.jp/about-visa/cashless-lab.html を開設し、キャッシュレスの導入で業務効率化が進んだ事例も多数ご紹介しています。

<ストーリー>


<撮影エピソード> 
今回はビジネスパーソンの視点からキャッシュレスのスマートさを訴えるということで、普段はなかなかみられないスーツスタイルの城田さんがスタジオに入ると、その姿に周りも惹きつけられ、現場の集中力も一気に高まりました。またメイク直しをしながらも、カメラにむかって繰り返し細かい表現まで確認しながら撮影に望む城田さんの真剣なまなざしに、周りも刺激されたのか、現場が一体となって撮影が一気に進みました。

<城田優プロフィール>
1985年生まれ。2003年に俳優デビュー以降、ドラマ、映画、舞台と幅広いジャンルで活躍。これまで、ドラマ「ROOKIES」、映画「亜人」等多くの話題作に出演。舞台では2010年にミュージカル「エリザベート」で第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞を受賞後、数々の賞を受賞。昨年秋には、ミュージカル・カバー・アルバム 「a singer」を発売。現在上演中のブロードウェイミュージカル「ピピン」日本語版で主演。11月には、ミュージカル「ファントム」で演出・主演予定。

<PRムービー概要>  
タイトル:「キャッシュレスでもっとスマートに」 ランチ篇 (30 秒)  
放映開始: 2019 年6 月25 日(火)  
公開URL: https://youtu.be/eeP-kAmLeqM
企画・制作:フライシュマン・ヒラード・ジャパン(株) FHスポーツ&エンターテインメント、(株)just on time    

<Visaのタッチ決済 商品情報>  
Visaのタッチ決済は、日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。店員にカードを渡すことなく、レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカード(クレジット・デビット・プリペイド)をタッチするだけで、サインも暗証番号の入力も不要で、スピーディー  かつ安全にお支払いが完了します。世界では、多くの国で非接触決済が一般的になっており、2020年までには世界の全カードの約50%[5]が非接触対応になると考えられています。また、対面での取引件数に占めるVisaのタッチ決済の割合は、オーストラリアでは90%、カナダと英国では60%を超えています。[6]
  

[1] 委託先:株式会社シタシオンジャパン、調査対象:東京で就労人口の多い上位10区(千代田区、港区、新宿区、中央区、渋谷区、品川区、江東区、大田区、世田谷区、足立区)、実施期間:2019年6月7日~10日
[2] 一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります 
[3] Source: M-Theory, 2016 (Visa委託調査)1:秒数は原則金額確定からレシート受渡までの時間(一部サインあり取引を含む)
[4] 経済産業省「未来投資戦略2019」  
[5] Juniper Research, ‘Contactless Payments: NFC handsets, Wearables, Payment Cards 2016-2020  
[6] VisaNet


Visaについて
Visaは、電子決済の世界的リーダーです。Visaのミッションは、最も革新的で信頼性が高く安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。Visaが保有する最先端のグローバルなプロセシングネットワークであるVisaNetは、毎秒65,000件を超す取引を処理することができ、世界中に安全かつ信頼のおける電子決済を提供します。Visaは常にイノベーターであり続け、あらゆるデバイスを利用した商取引の発展を促進し、誰でもどこでも利用できる夢のキャッシュレス社会を実現する原動力となっています。世界がアナログからデジタルに移行しつつある今、Visaは自社のブランド、商品、人材、ネットワーク、および企業スケールを活かして商取引の未来を形作っていきます。詳しくは、https://usa.visa.com/about-visa/our_business.html(英語サイト)または https://www.visa.co.jp/ (日本語サイト)をご覧ください。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビザ・ワールドワイド >
  3. 城田優さんが、今度は“働き方改革”を提案! 〜Visa、「キャッシュレスでもっとスマートに」ランチ篇を本日公開〜