オリックス・バファローズ4番打者・吉田正尚選手 “ファン参加型”のホームラン数連動寄付で途上国の子どもを支援

2015年ドラフト1位でオリックス・バファローズに入団し、現在はチームの4番を務める吉田正尚選手が、今シーズンのホームラン1本につき10万円を認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)に寄付することが決定しました。
認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)【本部:東京都新宿区/会長:寺田朗子】は、1997年に日本で設立された国際協力NGOです。2019年現在は7ヵ国(地域)で困難な状況にある青少年の教育支援を行っています。

この度、侍ジャパンでも活躍されているオリックス・バファローズ4番打者の吉田正尚選手より、今シーズンからプロ野球公式戦においてホームラン1本につき10万円をKnKにご寄付いただけることが決定しました。

©ORIX Buffaloes_BLF©ORIX Buffaloes_BLF

この取り組みは、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーションの協力の下、ファンドレイジングサイトSyncable(シンカブル)https://syncable.biz/campaign/385 にて展開されます。また、吉田選手の呼びかけによりファンの皆様にもご参加いただける形で、目標金額300万円の寄付を集めることを目指しています。

吉田選手とファンの皆様からのご寄付は、貧困や虐待により家族と暮らすことができないカンボジア、フィリピン、バングラデシュの子どもたちの保護や教育費として大切に使わせていただきます。

*  *  *  *  *

吉田正尚選手からのメッセージ
はじめまして、オリックス・バファローズの吉田正尚です。今シーズンより、プロ野球公式戦でホームランを1本打つごとに10万円を「国境なき子どもたち」に寄付し、カンボジア、フィリピン、バングラデシュなどの開発途上国で貧困に苦しむ子どもたちへの支援に充てていただくことになりました。

©ORIX Buffaloes_BLF©ORIX Buffaloes_BLF

いつも僕を応援してくださるファンの皆様にも、オンラインでの寄付を通じてこのプロジェクトの仲間になっていただければ幸いです。例えば、ホームランを打った日やお立ち台にあがった日、さらにはMVPを獲得の暁には、祝福を込めてお祝いの代わりにこちらから寄付していただけると嬉しいです。

助けを必要としている子どもたちに少しでも多くの支援を届けられるよう、
ぜひご協力をお願い致します!

プロフィール 

1993年福井県生まれ。外野手。敦賀気比高校、青山学院大学を経て2015年ドラフト1位でオリックス・バファローズに入団し、現在はチームの4番を務める。力強いフルスイングが特徴で、昨シーズンは26本のホームランを記録。侍ジャパン野球日本代表として国際大会にも出場。

*  *  *  *  *

ご参加方法:

①ファンドレイジングサイト Syncable(シンカブル)https://syncable.biz/campaign/385 にて、個人アカウントを取得してください。
②吉田選手への応援をこめて、ご自身のタイミングでご寄付ください。

※ 認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)へのご寄付は、確定申告により寄付金控除を受けられます。

  1. プレスリリース >
  2. 国境なき子どもたち >
  3. オリックス・バファローズ4番打者・吉田正尚選手 “ファン参加型”のホームラン数連動寄付で途上国の子どもを支援