デンソーウェーブ、「第6回鉄道技術展2019」に出展

〜 11月27日(水)~29日(金)に幕張メッセで開催 〜

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役会長:杉戸克彦)は、このたび、2019年11月27日(水)~29日(金)に幕張メッセで開催される「第6回鉄道技術展2019」に、前回に引き続き2度目の出展をします。

 デンソーウェーブブースでは、「認識技術で、モビリティ社会に貢献する」をテーマに、QRコードで開閉制御できるホームドアシステムやRFID技術を用いた工具管理ソリューション、特許取得技術を採用したレーザーセンサーを使った踏切障害物検知装置など、鉄道業界で最も重要な「安心・安全の確保」に関するソリューションを展示します。

内閣府の発表※1によると、これまで国や鉄道事業者は鉄道施設内や踏切において安全対策を進めてきました。これにより鉄道事故件数は年々減少していますが、さらに鉄道施設や踏切の改善を進めることで、列車運転事故全体の死者数減少を目指しています。

この取り組みに貢献するため、デンソーウェーブでは低コストで導入可能なQRコードで開閉制御するホームドアシステムや、初出展となるレーザーセンサーを使った踏切障害物検査装置など、ユーザーの課題解決につながるソリューションを提案します。

■    デンソーウェーブ「鉄道技術展」出展特設ページ
  出展内容については、以下のWEBページでもお知らせしています。
  https://www.denso-wave.com/ja/adcd/event/mtij2019.html

■    展示会概要
名称 : 第6回鉄道技術展2019
会期 : 2019年11月27日(水)~29日(金)
開場 : 幕張メッセ 8ホール I-36ブース



<参考資料:出展ソリューション>
  • 1. 安全と導入コスト削減に貢献 QRコードによるホームドア開閉制御システム

ホームドア設置の必要性が高まっている中、コストや多様な車両編成の課題に対し、QRコードを活用したホームドア開閉制御システムを出展します。実際に採用された機材と映像で具体的な導入イメージを想定できます。

QRコード開閉制御ホームドアQRコード開閉制御ホームドア

 

  • 2. 確実かつスピーディーに!RFIDを活用した工具管理ソリューション
IoT化が進む昨今、鉄道業界ではRFIDを活用した工具の持ち出し管理のニーズが年々増えています。当社では、RFIDタグの手配から実証実験、現場での環境測定まで、これまで培った知見を活かし、ワンストップでのシステム提案が可能です。今回、更なるセキュリティー性の向上を目指し、顔認証情報をQRコード化し本人認証を行う、自社の独自技術と組み合わせた次世代型の工具管理ソリューションとして展示します。

RFIDで工具管理ソリューションRFIDで工具管理ソリューション

  • 3. レーザーセンサーを使った踏切障害物検知装置
新開発・特許取得の障害物検知センサーを展示するとともに、画像とパネルで先進技術を展示します。また、ホームドアとレーザーセンサーを組み合わせた活用事例も紹介します。

レーザーセンサーを使った踏切障害物検査装置レーザーセンサーを使った踏切障害物検査装置

  • 4. 磁気の代替に!複製防止QRコードを採用した進化型きっぷ
 磁気きっぷからの置き換えによる機器保守・保全コスト削減と、リサイクルが簡単で環境面に寄与する進化型のきっぷを出展します。実際に導入・運用されているきっぷをご覧ください。

QRコードきっぷQRコードきっぷ



※1           内閣府「第10次交通安全基本計画」による。

(注) ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。その後、予告なしに変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デンソーウェーブ >
  3. デンソーウェーブ、「第6回鉄道技術展2019」に出展