【国立科学博物館 筑波実験植物園】世界で最も大きな「花」のひとつ ショクダイオオコンニャクがもうすぐ開花します ~≪日本初!同株連続5回開花!≫~

独立行政法人 国立科学博物館 筑波実験植物園(園長 樋口 正信)で、ショクダイオオコンニャクが1月中旬頃に開花する予定です。世界で最も大きな「花」のひとつで、めったに咲かない種ですが、当園での開花は5度目で、同じ株が連続して 5回も花を咲かせることは日本初です。このような連続開花は世界でも極めて稀です。【特設ホームページ(コンニャク日記) http://www.tbg.kahaku.go.jp/news/konnyaku/

 

今回の花芽 令和2年1月6日時点 高さ112cm 国立科学博物館今回の花芽 令和2年1月6日時点 高さ112cm 国立科学博物館

 ショクダイオオコンニャクは、スマトラ島(インドネシア)の限られた場所に生えるサトイモ科の植物です。「花」(植物学的には花序=花の集まり)は高さ3メートル、直径1メートルになるものもあり、世界でもっとも大きな「花」をもつ植物のひとつです。また開花後は独特の強烈な悪臭を放ち世界でもっとも醜い花とも呼ばれています。
 今回の「花」がどのくらいの高さになるかは今のところわかりませんが、1日で20cm以上も伸びる成長過程もたいへん見ものです。過去4回の事例では、開花日の午後1時半ごろに「花」が開きはじめており、そのタイミングも見逃せません。 
 1月17日(金)より、ショクダイオオコンニャクに関する特別展示を併せて実施します。過去の開花の様子や、人工的に合成した花の匂い体験、イモの重さ体験や、葉の成長する様子を熱帯雨林温室南側にて展示します。そちらも併せてご覧ください。 

過去の開花(平成 24年) 国立科学博物館過去の開花(平成 24年) 国立科学博物館


【開花予想時期】令和2年1月17日(金)~22日(水) 
【特別開園時間】開花後3日間 8:30~17:00 
        (入園は16:30まで。月曜日の場合は臨時開園) 
【展示場所】国立科学博物館 筑波実験植物園 熱帯雨林温室 (茨城県つくば市天久保4-1-1) 
【特設ホームぺージ】「コンニャク日記」 http://www.tbg.kahaku.go.jp/news/konnyaku/ 

ショクダイオオコンニャク開花当日の夜間には、花序附属体から湯気が出て、悪臭が漂います。

  • ショクダイオオコンニャクの概要

 

 

ショクダイオオコンニャクのイモ(令和元年11月6日時点)  イモ重量67kg、直径71cm、厚さ30cm 国立科学博物館ショクダイオオコンニャクのイモ(令和元年11月6日時点) イモ重量67kg、直径71cm、厚さ30cm 国立科学博物館

・ ショクダイオオコンニャク
和名:ショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)
学名:Amorphophallus titanum
科名:サトイモ科
分布:スマトラ島(インドネシア)の熱帯雨林
花序の最大のサイズ:高さ 3.1m(ギネス世界記録)、直径1m
(註)ショクダイオオコンニャクの「花」は正確には花序(花の集まり)で、例えばヒマワリの花と同じ

・ 筑波実験植物園での開花
開花日予測:令和2年1月17日(金)~22日(水)ごろ
花の見ごろ:開花日を含め 2~3日。2日目には仏炎苞が閉じはじめます。
 
  • 栽培個体の履歴

過去の開花(平成26年)国立科学博物館過去の開花(平成26年)国立科学博物館

平成 4年 東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)で播種
平成18年 小石川植物園がイモを当園に譲渡 
平成24年3月16日 定植。その後、葉の生育・休眠を継続 
平成24年5月25日 1回目の開花(花序の高さ 206cm、直径93cm) 
平成26年4月23日 植え替え(イモ重量70kg、直径66cm、厚さ42cm) 
平成26年7月 3日 2回目の開花(花序の高さ 272cm、直径108cm) 
平成28年7月 6日 植え替え(イモ重量65kg、直径63cm、厚さ32cm) 
平成28 年8月14日 3回目の開花(花序の高さ 240cm、直径101cm) 
平成30年5月14日 植え替え(イモ重量76kg、直径73cm、厚さ36cm) 
平成30 年6月26日 4回目の開花(花序の高さ 240cm、直径106cm) 
令和1年11月6日 植え替え(イモ重量67kg、直径71cm、厚さ30cm)
 

 


 開花後3日間は、開園時間を 8:30~17:00にし(30分延長、入園は 16:30まで)、 
月曜日にかかる場合は臨時開園して、できるだけ多くの皆さまにご覧いただけるようにします。
筑波実験植物園 特設ホームページ(  http://www.tbg.kahaku.go.jp/news/konnyaku/ )で成長の 様子や開花の予想、見どころなどを紹介しています。 
 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文化庁 >
  3. 【国立科学博物館 筑波実験植物園】世界で最も大きな「花」のひとつ ショクダイオオコンニャクがもうすぐ開花します ~≪日本初!同株連続5回開花!≫~