日本製品についてのイメージは?~【中国】訪日観光に関するアンケート調査<第二弾>~

訪日経験のある中国人女性は、人生の楽しみを最適化するオプティマイザー。

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、中国の20代~60代男女(直近1年以内の訪日経験者または予定者)に「【中国】訪日観光に関するアンケート調査」を実施し、【中国】訪日観光に関するアンケート調査<第二弾>を公開しました。
※調査日は2019年4月23日(火)~5月6日(月)

2019年6月3日に配信した記事に続き、今回は第二弾で【日本製品へのイメージとライフスタイル】を分析しました。
【 トピック 】
  • 訪日経験のある中国人女性は、人生の楽しみを最適化するオプティマイザー
  • 日本製の化粧品は期待値より体験効果が◎
  • 日本製家電への期待値は他の製品を圧倒して高い

【 調査結果 】
あなたの価値観についておうかがいします。以下のそれぞれについてあてはまるものをお答えください。(複数選択可) n=500

< 回答と考察 >
  • 訪日経験者は、経済的に余裕があり、「人生を楽しむ為に時間やお金を使う」人が多い。
  • その中でも、男性より女性の方がその傾向は強い。
  • 訪日経験のある中国の女性は、人生の楽しみを最適化するオプティマイザー的な価値観を持っている人が多いと考えられる。

価値観価値観


【化粧品】あなたは、日本製品についてどのようなイメージを持っていますか。それぞれあてはまるものを、以下の中からすべてお答えください。(複数選択可) n=500

< 回答と考察 >
  • 化粧品の日本製品に対するイメージは、訪日予定者よりも経験者の方がやや高い程度だが、女性が予定者よりも高いことから、化粧品のイメージは、訪日し、実際の製品を手にとることで高まるものと推察される。
  • 特に、「高級感」や「価格と品質のバランス」を実感しているものと思われる。

 

 

【化粧品】日本製品へのイメージ【化粧品】日本製品へのイメージ


【家電】あなたは、日本製品についてどのようなイメージを持っていますか。それぞれあてはまるものを、以下の中からすべてお答えください。(複数選択可) n=500

< 回答と考察 >
  • 家電の日本製品に対するイメージは、日用品と比較して見ると、訪日経験者よりも訪日予定者の方が、顕著に高い。
  • 特に男性が女性よりも非常に高く、男性は日本製の家電に対して高い期待を持っているものと思われる。
  • また、経験者でも男性は女性よりも高いものの、予定者に比べ大きな差があることから、日用品同様に、「実際にみてみると、期待していたほどではなかった」という人が一定数いるということなのではないかと推察される。

【家電】日本製品へのイメージ【家電】日本製品へのイメージ


【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/data/mr201905chn-visitjp2/
※上記ページにて、フルレポートを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・基本属性(性別、年齢、婚姻状況、月収)
・日本製品へのイメージ
・ライフスタイル
・価値観

【 調査概要 】
調査名 :【中国】訪日観光に関するアンケート調査
調査対象者:中国の20代~60代男女、直近1年以内の訪日経験者または予定者
有効回答数:500s
割付 :性別・年代均等
調査期間 :2019年4月23日(火)~5月6日(月)
調査方法 :インターネット調査
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アスマーク >
  3. 日本製品についてのイメージは?~【中国】訪日観光に関するアンケート調査<第二弾>~