【米国リリース抄訳】セールスフォース・ドットコムとマイクロソフトが戦略的パートナーシップを拡大し顧客の成功を加速

-Salesforceは、Microsoft AzureをSalesforce Marketing Cloudのパブリッククラウドプロバイダーに指定、顧客のスケーリングと成長を支援
-Microsoft TeamsによるSalesforce SalesとService Cloudsとの新しい連係を通して生産性が向上
※当資料は、2019年11月14日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
https://www.salesforce.com/company/news-press/press-releases/2019/11/Salesforce-and-Microsoft/

株式会社セールスフォース・ドットコム
日本マイクロソフト株式会社

【2019年11月14日、レドモンド、ワシントン、およびサンフランシスコ 】マイクロソフト コーポレーションと米国セールスフォース・ドットコムは本日、進化するビジネスニーズに対応し、生産性を高めるために戦略的パートナーシップを拡大する計画であることを発表しました。セールスフォース・ドットコムは、Microsoft AzureをSalesforce Marketing Cloudのパブリッククラウドプロバイダーとして指定しました。 セールスフォース・ドットコムはまた、 Salesforce Sales CloudとService CloudをMicrosoft Teamsに連係させる新しいインテグレーションも開発していく予定です。

セールスフォース・ドットコムの共同CEOマーク・ベニオフとキース・ブロックは以下のようにコメントしています。「セールスフォース・ドットコムは、お客様に信頼と成功をもたらすことに絶えず注力しています。マイクロソフトとのパートナーシップを拡大し、AzureおよびTeamsと最先端のCRMを統合して、すばらしいカスタマーエクスペリエンスを提供できることを嬉しく思います。」

マイクロソフトのCEOサティア・ナデラは、以下のようにコメントしています。「すべての企業がデジタル企業になりつつある世界では、すべての顧客とパートナーが当社の主要なプラットフォームでエクスペリエンスを構築できるようにしたいと考えています。AzureとMicrosoft TeamsのパワーをSalesforceとひとつにまとめることで、Microsoft Cloudの力を活用して顧客により良いサービスを提供できるようにすることを目指しています。」

ニュースへのその他のコメント:

マリオットインターナショナルのデジタル、流通、収益戦略、グローバルセールス担当グローバルオフィサーであるブライアン・キングは、次のように述べています。 「Salesforceとマイクロソフトの組み合わせにより、チームはよりよく連携して、すべてのタッチポイントでのゲストエクスペリエンスを向上させることができます。」

ユニリーバのチーフテクノロジーアドバイザーであるジェーン・モランは、次のように述べています。 「Salesforceとマイクロソフトの強力な組み合わせにより、これまでにないほど生産性を高め、相互につながり、お客様とつながることができます。」

セールスフォース・ドットコム、Microsoft AzureをMarketing Cloudのパブリッククラウドプロバイダーに指定
Salesforce Marketing Cloudを使用すると、マーケティング担当者は顧客を把握し、Einsteinでマーケティングをパーソナライズし、あらゆるチャネルで顧客と関わり、影響を分析してキャンペーンのパフォーマンスを向上させることができます。 セールスフォース・ドットコムは、Marketing CloudのワークロードをAzure上に移行することで、Fortune 500企業の95%以上が使うAzureインフラストラクチャの恩恵を受けることになります。

このパートナーシップにより、セールスフォース・ドットコムはMarketing CloudをAzureに移行し、顧客に新たな成長機会を提供します。 Azureに移行することにより、セールスフォース・ドットコムは顧客の需要の拡大に応じてMarketing Cloudのパフォーマンスを最適化できます。これによりお客様のオンボーディング時間が短縮され、Azureのグローバル拠点を活用することができるためグローバルにそして迅速に事業を拡張できるようになり、且つ、ローカルデータのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの要件に対応できるようになります。

SalesforceとMicrosoft Teamsの統合により生産性が向上
チームワークが職場の原動力になるにつれて、人々はワークフローと頻繁に使用されるアプリをコラボレーションワークスペース環境に持ち込みたいと考えています。セールスとカスタマーサービスは非常に協調的でチーム中心の機能であり、多くの企業がSalesforceのCRMとMicrosoft Teamの両方を積極的に使用しています。この契約の一環として、Salesforceは、セールスおよびサービスユーザーがSalesforceレコードをTeamsから直接検索、表示、共有できる新しい統合を構築します。 Salesforce SalesおよびService Cloudと連携する新しいTeamsは、2020年後半に利用可能になります。

顧客の成功へのコミットメントに基づいて
これらの新しい統合は、SalesforceのMicrosoft Outlook統合を使用して作成、通信、共同作業を行う数十万人の月間アクティブユーザーなど、相互の顧客の生産性を高める既存のソリューションに基づいて構築されます。

マイクロソフト コーポレーションについて
Microsoft(Nasdaq“ MSFT” @microsoft)は、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。企業ミッションは、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての人と組織がより多くのことを達成できるようにする)」です。

セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セールスフォース・ドットコム >
  3. 【米国リリース抄訳】セールスフォース・ドットコムとマイクロソフトが戦略的パートナーシップを拡大し顧客の成功を加速