CREALの累計調達額30億円突破!沖縄県専門学校ファンド8億円超満額調達完了

那覇市・首里城火災に対する支援金として当社収益の一部を寄付

 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:横田 大造、以下「当社」といいます)は、運営する不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」において、11月25日より投資申込受付を開始した沖縄県宜野湾市の「第24号沖縄専門学校ファンド(以下「本ファンド」といいます)」の募集額を、12月12日をもって、満額調達完了したことをお知らせいたします。
 今回のファンド成立によって、CREALの累計調達額は、サービス開始から約1年で30億円を突破いたしました。

 

  • 第24号沖縄専門学校ファンド概要
・ファンド詳細(https://creal.jp/funds/24
・募集金額:838,000,000円
・初回配当日:2020年2月29日 ※以降毎月配当
・想定利回り(年利):5.0%
・運用期間:2020年1月1日〜2021年6月30日
・最小投資口数:1万円
・想定運用期間:18ヶ月
・募集期間(当初予定):2019年11月25日 20:00~2019年12月24日 20:00

 

  • 沖縄の専門学校の応援につながる不動産投資

 本ファンドでは、学校法人SOLA沖縄学園(以下、「SOLA学園」といいます)が所有する学校の土地及び建物をCREALが取得することにより、学校法人の資金調達を支援します。
CREALがこれまで積極的に取り組んできたESG不動産投資※1に合致する取組となり、SOLA学園は、学校の売却資金をもとに、今後必要性の高まる介護・看護分野等の学科新設や、学生の誘致、カリキュラムの強化等に注力し、更なる運営の安定性向上を図ります。
また、本ファンドから得られる当社の運用益の一部を「那覇市・首里城火災に対する支援金」として、12月13日に寄付をいたしました(寄付金額:100万円)。

※1 ESG不動産投資:人口減少や少子高齢化等の喫緊の諸課題の解決に寄与する、環境・社会・企業統治に配慮した不動産投資

募集開始時リリース(https://bridge-c.com/news/20191120_1467

那覇市・首里城火災に対する支援金(https://www.city.naha.okinawa.jp/safety/sinsai/shurijousienkin.html

  • サービス開始から約1年で累計調達額30億円を突破

 CREALは、1万円から気軽に始められる不動産投資クラウドファンディングとして、2018年11月にサービスを開始し、2019年11月13日をもって1周年を迎えました。現在までに全24ファンドを満額組成し、うち8ファンドはすでに売却済みとなっております。今まで投資家への利回りはすべて予定通りに配当され、売却時の元本は劣後出資分も含めて毀損はありません。投資家のみなさまのご支援のおかげで、本ファンドの調達完了をもって、累計調達額30億円を突破することができました。

引き続き、投資商品として安定した配当を継続することを大前提に、ファンドのバリエーションも増やしてゆく予定です。具体的には、今まで実績のある保育園・ホテル・学校を始め、老人ホーム・病院・シニアマンションといったヘルスケア不動産等を見据えております。
 

  • 会社概要
社名:株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
URL:https://bridge-c.com/company/
本社:東京都中央区銀座2-16-11 片帆ビル3階
設立:2011年5月11日
代表取締役社長:横田 大造
資本金:1億円
事業内容:クラウドファンディング事業/アセットマネジメント事業/ヘルスケアファンド事業
免許:
・不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第112号
・第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2898号
・宅地建物取引業 東京都知事(1) 第100911号要
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル >
  3. CREALの累計調達額30億円突破!沖縄県専門学校ファンド8億円超満額調達完了