キーテクノロジースタートアップの株式会社ビットキー、総額39億円超のシリーズAラウンド資金調達完了のお知らせ

〜新プロダクトの開発や、海外展開も見据え事業を拡大〜

 キーテクノロジースタートアップの株式会社ビットキー(所在地:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、https://bitkey.co.jp/、以下 当社)は、ゴールドマン・サックスをはじめとする10社を引受先とした約34.4億円の第三者割当増資と、りそな銀行及びみずほ銀行から4.6億円の融資により、シリーズAラウンドで総額39億300万円の資金調達を実施*しました。創業から今回の調達を含めた累計調達額は17ヶ月で約50億円となります。*2019年12⽉末に完了

■資金調達の目的
 当社のスマートロック「bitlock(ビットロック)シリーズ」の一つ「bitlock LITE」は、2019年4月の発売から9ヶ月で法人・個人合わせて受注台数12万台を突破しました。今後は、問合せや利用者からの開発要望・新機能追加等に対応するべくセールス・カスタマーサクセス(CS)・開発の人員増や体制強化を行い、2020年中に「bitlockシリーズ」の受注台数100万台を目指します。
 また、当社のコアプラットフォームで「bitlockシリーズ」にも応用している”ID連携・認証と権利処理のデジタルキープラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」”は、2019年のβ版公開以降、国内外からの想定を超えた引き合いを受け、bitlockシリーズを展開する“Tobira事業”以外のモビリティ、スマートシティ、スマートID等の他事業ドメインにおける新プロダクトの開発と併せ、海外展開の準備を進めてまいります。

■第三者割当増資 引受先(五十音順)
〇阪急阪神不動産株式会社のコーポレートベンチャーファンド「HHP共創ファンド1号投資事業有限責任組合」
〇株式会社グッドパッチ
〇グローバル・ブレイン株式会社が運営するファンド「グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合」
〇ゴールドマン・サックス
〇CYBERDYNE株式会社の子会社であるCEJキャピタル株式会社が運用する「サイバニクス・エクセレンス・ジャパン1号投資事業有限責任組合」
〇新生企業投資株式会社が運営に関与するファンド「新生ベンチャーパートナーズ1号投資事業有限責任組合」
〇株式会社フルタイムシステム
〇株式会社マーキュリアインベストメントが運営する伊藤忠商事株式会社との共同組成ファンド「マーキュリア・ビズテック投資事業有限責任組合」
〇三井不動産株式会社が運営するコーポレートベンチャーキャピタルファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」
〇他 1社

■シリーズAラウンド第三者割当増資引受先からのコメント
〇阪急阪神不動産株式会社 代表取締役社長 若林常夫氏

  弊社は、スタートアップが有する先端技術や革新的な事業手法と弊社の経営資源との融合による、お客様への新たな価値提供に取組んでいます。ビットキー社は独自のプラットフォーム技術を応用したスマートシティ等への展開も目指しており、今般の出資を通じたスマートロック分野にとどまらない弊社事業との共創を期待しております。

〇株式会社グッドパッチ 代表取締役/CEO 土屋尚史氏

 チャレンジングなマーケットへ挑んでいるビットキー社に関わることができ光栄です。デザイナーが多く在籍していない段階でグッドパッチがデザインパートナーとして並走することにより、ビットキー社から出るプロダクトやサービスのユーザーエクスペリエンスの最大化を引き続き支援し、企業価値向上に向け手を取り合っていきます。

〇グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役社長 百合本安彦氏

 ビットキー社の類まれなる事業成長スピード、高い事業構想力及び、それを具体化させる組織力などを評価し、出資を決定いたしました。同社が、ロックの販売を越えて、多様な企業様と連携し、私たちがまだ体験したことのない新たなライフスタイル、未踏の社会を創造していくことを強く期待しています。

〇ゴールドマン・サックス証券株式会社 マネージング・ディレクター 仁木準氏

 ビットキー社は、素晴らしい経営陣と圧倒的に優れた研究開発チームで構成された、まさに投資先として私たちが求めている企業です。既存のスマートロック事業のみならず、あらゆるサービスを提供する事業者と連携し、多種多様な用途でその革新的なbitkey platformが活用されることを期待しています。

〇CYBERDYNE 株式会社 代表取締役社⻑/CEO ⼭海嘉之⽒

 高度なセキュリティーが求められる生活空間において、ビットキー社の保有する技術(ID連携・認証、権利処理)は、サイバニクス産業が日常化する近未来社会の重要なコア技術の一つに位置付けられるものです。サイバニックデバイスとの組み合わせで新たな付加価値が創出されることを期待しています。

〇新生企業投資株式会社 代表取締役社長 松原一平氏

 高セキュリティ・低コストを実現したデジタルキープラットフォーム、打ち手の順序の巧みさ、バランスのとれた実績ある経営陣を高く評価しております。ビットキー社が、セキュリティを切り口に日本の労働生産性向上に寄与し、グローバルで通用するメガベンチャーへ飛躍することを期待し、成長に向けてご支援させて頂きます。

〇株式会社フルタイムシステム 代表取締役 原周平氏

 ビットキー社との連携は高い相乗効果が期待でき、当社のユーザー様へ次世代サービスの提供が可能になります。多くの人へ、より魅力的で安心安全なそして利便性の高いサービスを提供できる選択肢の一つになればと思っています。今後更なる住生活インフラ向上のため、ご利用者様の声に耳を傾け、ICTデバイスの創造に努めてまいります。

〇株式会社マーキュリアインベストメント 代表取締役 豊島俊弘氏

 ビットキー社は産業をまたいで活用できる極めて汎用的なコア技術を保有しており、ポテンシャルの高いスタートアップであると評価しています。今後は国境を超えた事業展開を見据えていることから、世界に羽ばたける日本のスタートアップになるよう応援していきます。

〇三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部⻑ 菅原晶⽒

 弊社は、ベンチャー企業との協業による本業強化と事業領域の拡大を目指しております。スマートロックを起点とする新しいサービスモデルに加え、類まれなるスピード感を持って事業拡大を進める経営手腕を高く評価し、今回の出資を決定いたしました。今後も更なるパートナー企業との事業提携に期待するとともに、弊社の住宅関連事業等での協業の創出を目指してまいります。

■株式会社ビットキーについて

 ID連携・認証と権利処理のデジタルキープラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」を開発・運営し、世界中のあらゆるものを柔軟に1つのIDでつなぐことを目指すキーテクノロジースタートアップです。先行して販売する「bitkey platform」を応用したスマートロック「bitlockシリーズ」は単にカギをデジタル化するのではなく、宅配、家事代行、クリーニングといった多種多様なサービスを不在時に利用可能にすることで、人々の生活スタイルに革命を起こし、人生をより人間らしく豊かにすることを目指します。

【会社概要】

社名  :株式会社ビットキー
所在地 :東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン14F
代表者 :代表取締役CEO 江尻祐樹
     代表取締役COO 福澤匡規
     代表取締役CCO 寳槻昌則
創業  :2018年8月1日
資本金 :46億655万円(2019年12月30日現在 資本準備金を含む)
事業概要:次世代ID/Key bitkeyの企画・開発・運用
     bitkeyを利用したスマートロックの開発・製造・販売・運用
     bitkeyを利用したサービスプラットフォームの企画・開発・運用
     *「ビットキー」「bitkey」(大文字小文字含む)は当社の登録商標です。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビットキー >
  3. キーテクノロジースタートアップの株式会社ビットキー、総額39億円超のシリーズAラウンド資金調達完了のお知らせ