[コラビット]不動産収益評価のAI推定データを、不動産投資ローンサービスに対して提供開始

不動産tech×Fintech

コラビットは、MFSの「モゲチェック不動産投資」に、不動産収益評価のAI推定データの提供を開始しました。
AIによる不動産価格推定サービス「HowMa(ハウマ)」を運営する株式会社コラビット(東京都港区、代表取締役 浅海剛)は、オンライン不動産投資サービス「モゲチェック不動産投資」を提供する株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 中山田 明)に対して、不動産収益評価のAI推定データの提供を開始したことをお知らせします。

今回のデータ提供により「モゲチェック不動産投資」では、「将来家賃」と「売却価格」の予測が可能となり、不動産オーナーは自身の保有物件の将来的な収支状況を把握した上で、ローンの借り換えなどの不動産運用の検討ができるようになります。

当社のAI不動産価格推定技術(全国のマンション・戸建の価格・賃料・利回りに対応)は、HowMa会員のみならず、テクノロジーの活用に積極的な多くの不動産関連事業者様がご利用中です。
今後は、本件取り組み同様に金融関連事業者様、Fintech関連事業者様に不動産の収益や担保を評価できる仕組みの提供も積極的に行なっていく予定です。


<株式会社コラビット 会社概要>
株式会社コラビット
【所在地】東京都港区芝浦 1 丁目 3-10 第三東運ビル8F
【代表者】代表取締役・CEO 浅海 剛
【事業内容】HowMa(ハウマ)の開発・運営、スマホアプリ・WEBサービスの開発、保守
[HP]http://collab-it.net
[HowMa]https://www.how-ma.com/
[HowMaマガジン]https://magazine.how-ma.com/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コラビット >
  3. [コラビット]不動産収益評価のAI推定データを、不動産投資ローンサービスに対して提供開始