ニッスイ、シンポジウム「もっと魚を食べよう!~日本の魚食の今とこれから~」を協賛


2017年8月21日 

ニッスイ、シンポジウム「もっと魚を食べよう!~日本の魚食の今とこれから~」協賛

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 大木伸介、東京都港区、以下ニッスイ)は、「SAKANA & JAPAN PROJECT」推進協議会(全国漁業協同組合連合会・大日本水産会・産経新聞社)が開催、水産庁が後援するシンポジウム「もっと魚を食べよう!~日本の魚食の今とこれから~」を協賛します。

世界的な魚食ブームの中、四方を海に囲まれた日本で、魚介類の消費量が減り続けています。栄養豊富な健康食で、日本の大切な文化である魚食を復活させる方策を探ります。
服部学園理事長・服部栄養専門学校校長の服部幸應氏による講演「おいしく、楽しく もっと魚を食べよう!」のほか、漁業・水産業、食育に関する有識者によるパネルディスカッションも行います。
開催概要と申し込み方法は、以下のとおりです。
 
【タイトル】「もっと魚を食べよう! ~日本の魚食の今とこれから~」

【日  時】 2017年9月20日(水) 開会 13:00 (開場 12:15)

【会  場】 イイノホール (飯野ビルディング4階)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 
https://www.iino.co.jp/hall/access/
      ・東京メトロ日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C4出口直結
      ・東京メトロ丸ノ内線「霞ヶ関駅」B2出口から徒歩5分
      ・東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」9番出口から徒歩3分
・東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩10分
・都営地下鉄三田線「内幸町駅」A7出口から徒歩3分

【プログラム】
 ◇挨   拶  長谷  成人氏(水産庁長官)
◇基調講演  服部 幸應氏(学校法人服部学園理事長・服部栄養専門学校校長・医学博士)
◇パネルディスカッション
<パネリスト> 長屋 信博氏(全国漁業協同組合連合会 代表理事専務)
重  義行氏(一般社団法人大日本水産会 専務理事)
浜田 峰子氏(水産庁水産政策審議会委員・食育専門家)    ほか

【定員】500名(応募者多数の場合は抽選)

【参加費】無料

【申し込み】
◇右記のウェブサイトから申し込み https://37sakana.jp/symposium/
◇住所(〒)・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・職業・参加人数を明記し、以下にはがきで申し込み
〒100-8697 日本〒銀座郵便局JPタワー内分室 私書箱2165号
「SAKANA & JAPAN PROJECTシンポジウム」係
◇住所(〒)・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・職業・参加人数を明記し、以下にFAXで申し込み
  03-6862-9908
「SAKANA & JAPAN PROJECTシンポジウム」係

【締め切り】9月8日(金)必着

【お問い合せ】シンポジウム事務局 TEL.03-5843-6984 (土日祝日を除く10~17時)
詳しくは右記ウェブサイトへhttps://37sakana.jp/symposium/









       
  1. プレスリリース >
  2. 日本水産株式会社 >
  3. ニッスイ、シンポジウム「もっと魚を食べよう!~日本の魚食の今とこれから~」を協賛