リーガルテック社が「AOSデータルーム 不動産」の提供を開始

不動産への増資、売却、ポートフォリオ管理するPropTech不動産共有システム

eディスカバリ、フォレンジック、VDR、及び司法インフラLegalSearch.jpを提供しているリーガルテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木 隆仁)は、不動産への増資、売却、ポートフォリオ管理まであらゆる不動産活動をサポートする「AOSデータルーム 不動産」の提供を開始しました。
■PropTech不動産共有システム「AOSデータルーム 不動産」とは
https://www.aos.com/dataroom/real_estate/

 

AOSデータルーム 不動産AOSデータルーム 不動産

「AOSデータルーム 不動産」は、機密情報共有クラウドサービス であるAOSデータルームをカスタマイズして、不動産に特化したPropTech不動産共有システムです。不動産取引の専門家、不動産鑑定書、鑑定書、ローンファイル、契約書などの多くの文書を複数の関係者と共有する必要がある不動産ビジネス関係者が利用するためのソリューションです。「AOSデータルーム 不動産」を活用すれば、不動産に関連した機密情報を投資家、弁護士、銀行、貸し手、買い手候補と簡単かつ安全に共有できます。

■「AOSデータルーム 不動産」4つのメリット

AOSデータルーム 不動産 4つのメリットAOSデータルーム 不動産 4つのメリット

■「AOSデータルーム 不動産」の主な機能

AOSデータルーム 不動産 主な機能AOSデータルーム 不動産 主な機能

・複数の書類もドラッグ&ドロップで「ファイルを一括アップロード」
・AutoCADやCorelDrawが専用ソフト無しで見られる図面ビューワ機能
・気になるポイントを書き込む「コメント機能」
・AOSデータルームで動画も閲覧できる「動画ビューワ機能」
・特定の文書やフォルダへのアクセスを許可できる「グループ権限管理」

■PropTech不動産共有システム AOS データルーム 不動産
https://www.aos.com/dataroom/real_estate/

【リーガルテック株式会社について】
名 称:リーガルテック株式会社 代表者:佐々木 隆仁
設 立:2012年6月 
所在地:東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル4F
資本金:5,100万円 
URL: https://www.aos.com/
1995年創業のリーガルテックの老舗。AOSテクノロジーズ株式会社の100%子会社として2012年に設立。以来、フォレンジック、eディスカバリ,VDR、及び司法インフラLegalSearch.jpを提供している。2015年には犯罪捜査や企業の不正検証の技術で国民生活の向上に著しく貢献するとして第10回ニッポン新事業創出大賞で「経済産業大臣賞」を受賞。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リーガルテック株式会社 >
  3. リーガルテック社が「AOSデータルーム 不動産」の提供を開始