博報堂DYメディアパートナーズとDAC、動画広告の最適化を継続的に支援するコンサルティングサービス「動画クリエイティブプラナーX(クロス)™」を提供開始

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 博報堂DYメディアパートナーズ)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO
:島田雅也、以下 DAC)は、両社が開発した「動画クリエイティブプラナー™」に新たな分析手法を掛け合わせ、専門的に対応するチームを博報堂DYグループ横断で組成することで、動画広告の最適化を継続的に支援するコンサルティングサービス「動画クリエイティブプラナーX(クロス)™」の提供を開始いたします。


2019年1月に発表した「動画クリエイティブプラナー™」※は、動画広告のクリエイティブを最適化する博報堂DYグループオリジナルのソリューションです。出稿実績のあるYouTube動画広告約8,000件のクリエイティブを要素分解し、機械判別や目視確認によって各要素をスコア化したものと、動画広告自体のパフォーマンスをデータベース化して開発したもので、動画広告の分析・プラニングにおいてこれまで多くのケースで活用してきました。その進化版となる「動画クリエイティブプラナーX™」は、「動画クリエイティブプラナー™」で得られた分析結果に、メディアやプラットフォーマーが有する独自の分析手法や知見を掛け合わせるとともに、データアナリストだけでなくクリエイティブスタッフとも協働し、ワンチームで分析からプラニング、運用まで実施していくことで、より効果的な動画広告の開発および継続的な運用サイクルの確立を広告主企業とともに推進していきます。

また、企業が複数のブランドを持つ場合、ブランドごとにクリエイティブの評価基準や動画広告の運用方針があり、企業全体での最適化が難しいといった課題がありますが、「動画クリエイティブプラナーX™」を活用することによって、共通の基準で横断的に評価できるようになるため、ブランド単位ではなく企業全体での最適化を目的とした運用においても、着実な効果を上げていくことが可能になります。本リリースに先駆け、複数のブランドを持つ広告主企業に対して、YouTubeの動画広告分析フレームワークを用いた分析手法を掛け合わせて検証したところ、その企業に固有の成功パターンの発見や課題の抽出に成功しており、複数ブランドの動画広告を企業全体で最適化していく取り組みも本格的に進展しています。

今後も、博報堂DYメディアパートナーズとDACは、「動画クリエイティブプラナーX™」で活用できる分析手法を拡大し、コンサルティングサービスの充実も図りながら、より多くの広告主企業のマーケティング効果の向上に貢献してまいります。

※2019年1月22日リリース『データから効果的な要素を発掘し、動画広告の最適化を支援するソリューション 「動画クリエイティブプラナー」の提供開始』
https://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/service/20190122_24475.html

■「動画クリエイティブプラナーX™」の特徴


■「動画クリエイティブプラナーX™」の運用フロー

①各ブランドで出稿済みの動画素材を収集
② 動画素材を当社グループのデータアナリストとクリエイティブスタッフが分析
  A.「動画クリエイティブプラナー™」のデータベースを用いたクリエイティブ分析
  B.メディアやプラットフォーマーなど外部リソースの分析手法や知見などを活用したクリエイティブ分析
③AとBを掛け合わせて得られた分析結果の報告&クリエイティブの提案
④分析結果を当社グループの各ブランドの動画制作チームなどに共有
⑤最適化されたクリエイティブにて動画広告の施策を再設計
※以降PDCAサイクルを継続

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ >
  3. 博報堂DYメディアパートナーズとDAC、動画広告の最適化を継続的に支援するコンサルティングサービス「動画クリエイティブプラナーX(クロス)™」を提供開始