NI、4 GHz車両レーダーテストシステムを発表

新VRTSは、最新の自動車レーダーセンサーに高信頼性の再現可能なテスト機能を提供

自動​テスト/​自動​計測​システム​の​開発​と​パフォーマンス​を​加速​する、​ソフトウェア​定義​プラットフォーム​の​プロバイダ​で​ある​NI(Nasdaq:NATI)は、4 GHz車両レーダーテストシステム(Vehicle Radar Test System: VRTS)を発表しました。

2010年に、国連総会は2011〜2020年を交通安全のための行動の10年と宣言しました。総会によるこの発表は、数百万人の命を救うという目標を反映させたものです。また、政策から技術に至る自動車産業の革命の出発点ともなりました。宣言から10年が近づくにつれて、運転支援と自動運転の格差が最も重要な課題のひとつであり、消費者にとっても不安材料であることが証明されています。

自動車レーダーは、現在の先進運転支援システム(ADAS)および将来の自動運転の車両の安全に不可欠であり、堅牢ですぐに利用できるため、最も広く使用されているセンシングテクノロジーのひとつです。自動車産業の79 GHzレーダーへの大規模な移行により、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)や後退時車両検知警報(RCTA)などのレーダーベースの安全機能のコストが削減されました。

79 GHzレーダーセンサーの主な利点は4 GHz帯域幅です。これにより、距離と速度の両方の分解能と精度が大幅に向上します。しかし、追加の帯域幅はより多くのデータを意味するため、トレードオフはより一連のテストにとって大きな課題です。これには、より多くのオブジェクトが認識できるため、追加の処理機能とテストシナリオの増加が必要です。VRTSのシミュレーション機能により、エンジニアはテストを改善して、これらの課題に自信を持って対処することができます。

Noffz TechnologiesのレーダーテストエンジニアであるOliver Poos氏は、次のように述べています。 「4 GHzは、帯域幅の拡大や追加のシナリオ以上のものがあります。テストでエラーが発生する余地が増えるため、安全性を保証するには信頼性と再現性がますます重要になります」

NIの新VRTSは、高度に再現可能なレーダー反射断面積(RCS)を使用して、角度ごとに2つのオブジェクトをシミュレーションすることができ、RCSは、シミュレーションと障害の両方を検証と生産テストの両方に適したものにします。NIプラットフォーム製品であるVRTSは、同社のソフトウェア定義システムの長年の柔軟性、拡張性、費用対効果を継続し、ユーザがより正確なテストシナリオを作成し、テストのセットアップ時間短縮を支援します。また、VRTSは大規模な実稼働展開向けにコストとスペースの両方が最適化されています。

NIのテスト手法と新しい4 GHz VRTSは、最新のレーダーセンサーをより自信を持ってテストするために、テストエンジニアが必要とする再現性を提供します。NIの自動運転の安全性に関する詳細は、こちらをご参照ください。

NIについて
NI(ni.com)​は、​現在​だけ​で​なく​将来​を​も​見​据​え​た​エンジニアリング​の​課題​解決​を​サポート​する、​高性能​な​自動​テスト/​計測​システム​を​開発​し​てい​ます。​NI​の​ソフトウェア​定義​の​プラットフォーム​は、​モジュール​式​ハードウェア​と​拡大​を​続ける​エコ​システム​から​構成​さ​れ​て​おり、​この​オープン​な​プラットフォーム​を​採用​する​こと​により、​優​れ​た​アイデア​を​具現​化​でき​ます。

National Instruments, NI and ni.com are trademarks of National Instruments. Other product and company names listed are trademarks or trade names of their respective companies. Simulink® is a registered trademark of The MathWorks, Inc.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ナショナルインスツルメンツ >
  3. NI、4 GHz車両レーダーテストシステムを発表