岩手県北バス:青森営業所開設ならびに青森市営バスより業務受託のお知らせ

岩手県北バスは、青森営業所を開設し、国内各地・海外インバウンドをターゲットにしたバス事業を展開します。また、青森市営バスより運行管理業務を受託します。

岩手県北バスは、10月25日より青森営業所を開設し、乗合バス・貸切バス、青森市営バスより受託業務を行います。

 岩手県北バスは、岩手県北エリアと青森県南エリアを代表する公共交通・観光事業会社です。バス事業においては、それぞれのエリアでの路線バス網を維持・発展させてきました。高速バスにおいては、東北各地や首都圏と青森・岩手を結ぶネットワークを展開しています。一方で、観光需要に対応する貸切バスについては、約60台の車両体制をもって青森県、岩手県、宮城県を中心に展開しています(公益社団法人日本バス協会「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の3つ星認定を取得)。また、傘下には旅行会社も有し、東京や仙台に加えて台湾にも拠点を持ち、集客のための重要な機能を果たしてきました。
 なお、岩手県北バスは、2010年にみちのりグループの一員となり、東日本エリア広域でグループ各社と連携して事業を展開しています。
 このたびの青森営業所開設のねらいは、北海道・東北周遊トランジット機能を持つ青森空港、新青森駅、青森港に近い立地を生かし、首都圏に加えて関西や九州、さらには海外インバウンドの需要をターゲットにした事業展開を図り、青森県そして東北における観光経済交流人口の拡大に寄与していくことです。

 また、岩手県北バスは、青森市営バス(以下、市営バス)の「一般乗合旅客自動車運送事業に係る管理の委託」を受託し、12月2日から運行開始することになりました(東北運輸局の許可後、12月2日より運行開始の予定です)。
 これは、市営バスが運行する管轄路線のうち、下記路線の運転、運行管理、整備管理業務を当社が行うもので、市営バス車両を当社の運転士が運転することになります。当社ならびにみちのりグループにおいて、公営バスの運行は初の受託です。当社としては、青森市民の足である市営バス運行受託の重要性を認識したうえで、安全運行を最優先とし運行にあたりたいと存じます。

【受託業務の概要】
受託期間:令和元年12月2日~令和2年3月31日
業務内容:市営バスの運転、運行管理、整備管理
受託路線:国道線、新町線、新城線、西バイパス線、浪館線、細越線、市民病院線、問屋町線
運行回数:平日36回、土日祝日36回
受託車両数:4台
受託ダイヤ・車両の管轄営業所:市営バス西部営業所

 尚、当社では青森営業所を10月25日に開設し、本受託業務ならびに乗合バス、貸切バス事業を併せて展開することで青森エリアの発展に貢献してまいる所存です。

【岩手県北バス 青森営業所】
住所:青森県青森市大字三内字丸山278番地87
   電話 017-718-4588    FAX 017-718-4589
主要地点からの距離:新青森駅 2.8㎞  青森空港 11.0㎞   青森港新中央埠頭 7.4㎞
面積:2,763.78㎡(約836坪)
営業所施設:事務所(2階建て 事務室、会議室、男女休憩室、シャワールームなど)
バス駐車場:18台分
     ※今後、給油スタンド、大型バス洗車機、整備棟を順次整備予定
社員数:約20名(開設時)※業務拡大に合わせて増員予定
車両数:貸切バス3台、路線バス6台(高速バス専用車両2台含む)、合計9台

■みちのりホールディングス・みちのりグループの概要
みちのりホールディングスは、株式会社経営共創基盤の100%出資により、交通・観光事業会社の持株会社として設立 されました。岩手県北バス、福島交通、会津バス、関東自動車、茨城交通、湘南モノレール、みちのりトラベルジャパンの7つの交通・観光事業グループを有し、みちのりグループを形成しております。

■ 岩手県北バス(岩手県北自動車株式会社)の概要
創立: 1943年10月 代表取締役社長: 松本 順
事業内容:一般乗合バス事業、高速バス事業、貸切バス事業、遊覧船事業、サービスエリア事業、その他事業
保有バス車両数:乗合208台 貸切65台 計273台
従業員数:657名
子会社:東日本交通株式会社/株式会社浄土ヶ浜パークホテル/株式会社みちのりトラベル東北/宮古エコカーシェアリング株式会社
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社みちのりホールディングス >
  3. 岩手県北バス:青森営業所開設ならびに青森市営バスより業務受託のお知らせ