日本初。がんの人しか入れない死亡保険。がんになっても入れるほけん「がん治療中」ついに登場。

ありそうで実はなかった保険が誕生。よく耳にするがん保険は将来のがんに備えるものであり、がん罹患者向けの保険は存在しませんでした。「がん治療中」は、その名前のとおり、がん治療中の人のための死亡保険です。

がん患者に寄り添う保険が発売されました。がんは日本の国民病と言われ、その数は年々増加しています。国民病とも言われる中、がん治療中の方のための保険は、そのリスクの高さもあり、なかなか実現できませんでした。
構想5年を経て、がん患者に特化した死亡保険が誕生しました。
がんになっても入れるほけん「がん治療中」は、がん治療中の方・経過観察中の方・過去にがんになったことのある方などが対象であり、がんを経験したことがない方はお申込できません。これは、他に類を見ない保険です。
がん患者数は年々増加する傾向にありますが、
がんは治療後の生存率も上昇しており、長く付き合う病気へと変化しています。
今や、がんは治癒できる病気になりつつありますが、日常的・経済的な問題に直面する方も多くいます。
この保険を発売することにより、
一人でも多くのがん患者の方々の経済的な問題の解決に繋がるよう、私たちは、お一人おひとりの心に寄り添いながら、安心して生活して頂けるよう願いを込めて、がんになっても入れるほけん「がん治療中」をスタートします。
富士少額短期保険株式会社 代表取締役 並木和恵 電話055-222-9119
ありそうで、実はなかった。
がん治療中の人のための保険が誕生しました。
がんの人しか入れない死亡保険です。
がんになっても入れるほけん「がん治療中」は、がん治療中の方・経過観察中の方・過去にがんになったことのある方などが対象であり、がんを経験したことがない方はお申込できません。
がんの人だけが申込みできる。今まで、このような保険はありませんでした。
これは、他に類を見ない保険です。
ありそうで実はなかった保険の誕生です。よく耳にするがん保険ですが、それは将来のがんに備えるものであり、がん患者向けの保険は存在しませんでした。
「がん治療中」は、その名前のとおり、がん治療中の人のための死亡保険です。
がんは日本の国民病と言われ、その数は年々増加しています。国民病とも言われる一方で、がん治療中の方のための保険は、そのリスクの高さもあり、なかなか実現できませんでした。
しかし、多くのお客様から「がん治療中でも入れる保険はありますか」とお問合せを頂く中で、がんを治療中の人のための保険を開発したいと思い始めました。
治療中」は、がん治療中の方・経過観察中の方・過去にがんになったことのある方などが対象であり、がんを経験したことがない方はお申込できません。
がん患者に特化した保険が、日本で初めて発売されます。

がん患者数は年々増加する傾向にありますが、
がんは治療後の生存率も上昇しており、長く付き合う病気へと変化しています。
今や、がんは治癒できる病気になりつつありますが日常的・経済的な問題に直面する方も多くいます。
がんと宣告された方は、これからの生活に不安を抱え、家族のこと、仕事のこと、葬儀のこと、そして何よりがんの治療のことを毎日毎日考え、悩んでいらっしゃいます。

がんになっても入れるほけんがんになっても入れるほけん

 


この保険を発売することにより、
一人でも多くのがん患者の方々の経済的な問題の解決に繋がるよう、
お支えできればと思っています私たちは、お一人おひとりの心に寄り添いながら、安心して生活して頂けるよう願いを込めて、がんになっても入れるほけん「がん治療中」をスタートします。
富士少額短期保険株式会社 代表取締役 並木和恵
https://www.fujishotan.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富士少額短期保険株式会社 >
  3. 日本初。がんの人しか入れない死亡保険。がんになっても入れるほけん「がん治療中」ついに登場。