アリストンホテル大分の「干し椎茸ポタージュの小籠包」、「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル® 2018」で大分県第1位に決定 

- 10月に東京で開催するセカンドステージに2年連続で進出 -

アリストンホテルズアンドアソシエーツ株式会社(本社:東京都港区白金台、代表取締役社長:山下博史)が運営するアリストンホテル大分は、旅行予約サービス「楽天トラベル」が主催する、日本全国の登録宿泊施設の中から朝ごはん日本一を決定するコンテスト「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル® 2018」( https://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta/ )に出品した朝ごはん「干し椎茸ポタージュの小籠包」が、ファーストステージにおいて大分県で第1位を獲得したことを発表します。これにより、本年10月に東京で開催予定のセカンドステージへの進出が2年連続で決定しました。
朝ごはんフェスティバルの最初の審査となるファーストステージには、約1300の宿泊施設が自慢の朝ごはんをエントリーしました。本年5月に実施された一般の楽天会員によるウェブ投票の結果と、これまで楽天トラベルに寄せられた実際の宿泊者の「食事」に関するクチコミ評価を基に、各都道府県の人気上位の朝ごはんが選ばれました。

アリストンホテル大分がエントリーした「干し椎茸ポタージュの小籠包」は、ウェブ投票時に香り豊かな大分県産しいたけポタージュの入った小籠包を、国東半島のひまわり油をベースにしたひまわりオリーブオイルと共にお召し上がりいただける点などをアピールし、クチコミでも高い評価を得て、大分県第1位を獲得しました。

干し椎茸ポタージュの小籠包【大分代表】干し椎茸ポタージュの小籠包【大分代表】

二次審査となるセカンドステージは、10月23日(火)・24日(水)、二子玉川ライズ 中央広場・iTSCOM STUDIO & HALL(東京都世田谷区)で開催予定です。ファーストステージを勝ち抜いた日本全国の宿泊施設が会場で朝ごはんを調理し、一般から募集した審査員約600人らによる試食・投票で、最後の「ファイナルステージ」に進むベスト6を選出します。セカンドステージに出品される朝ごはんのメニューと一般審査員の募集については、9月上旬に発表予定です。

 「朝ごはんフェスティバル®」は、楽天株式会社の登録商標です。

アリストンホテルズグループでは、質の高いおもてなしでお客様に深い満足感を味わっていただけるホテル運営を目指すともに、地域コミュニティ活性化に尽力し、地域経済の発展に貢献することを理想としております。特に、地産地消にこだわり、その地方ならではの質の高い朝食、朝ごはんをご提供することにより、地方創生に少しでも寄与することができれば幸いです。また、今後もより多くのお客様をお迎えすべく、新規ホテルの積極展開を検討してまいります。

<会社概要>
会社名               :アリストンホテルズアンドアソシエーツ株式会社
所在地               :〒108-0071 東京都港区白金台4-7-4 白金台STビル6F
設立                  :2012年2月1日
資本金等            :51,000千円
従業員数            :222名(2018年3月1日現在)
事業内容            :ホテル運営、開発、再生、コンサルタント業務
公式サイト           :http://www.aristonhotels.co.jp/
運営ホテル          :アリストンホテル大分 アリストンホテル宮崎 アリストンイン苅田北九州空港 アリストンホテル神戸 アリストンホテル京都十条(2018年5月10日開業)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アリストンホテルズアンドアソシエーツ株式会社 >
  3. アリストンホテル大分の「干し椎茸ポタージュの小籠包」、「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル® 2018」で大分県第1位に決定