西宮北口「イグレックテアトル」がホテルクオリティの洋食を提供する「THEATRE -Le Bois-」(テアトル ル・ボア)として2017年5月18日(木)にリフレッシュオープン。

阪急西宮北口駅直結、3つのホールを備える兵庫県立芸術文化センター内のレストランです。

エイチ・ワイ・ホスピタリティ・エンタープライズ株式会社(本社:神戸市、代表取締役:山口浩)が運営するイグレックテアトル(所在地:兵庫・西宮市 兵庫県立芸術文化センター内)が、コンセプトとメニューを一新し、2017年5月18日(木)に「THEATRE -Le Bois-」として、リフレッシュオープンいたします。
第一弾として、神戸北野ホテル(所在地:神戸市 総支配人・総料理長山口浩)のダイニング[イグレック]でも展開している「神戸ビストロ洋食」をベースにしたホテルクオリティのサービスと洋食メニュー提供。気軽に利用でき、 大人も心から満足できる“ファミリアル(仏:familial=家族の)・レストラン”を展開します。


【背景】
イグレックテアトルは、2005年10月22日兵庫県西宮市にオープンしたコンサートホール「兵庫県立芸術文化センター」内のフレンチレストランとして同日にオープンしました。
上品で落ち着いた雰囲気ながら、交通アクセスが良く、関西のどこへ行くにも便利な阪急・西宮北口駅の周辺はこの十数年の間に街が整備され、今では関西で住みたい街として高い人気を誇っています。
周辺には新しくたくさんのマンションが建ち並び、レストランをご利用のお客様もファミリー層が多くなってきました。
親子三世代でのご利用も多く見られるため、お子様から団塊の世代まで幅広い年齢層のお客様に喜んでいただけるようなわかりやすいメニュー展開でリニューアルいたします。
 この度リフレッシュ企画第一弾として提供する「神戸ビストロ洋食」は2015年、神戸北野ホテルの15周年記念メニューとして登場しました。

【メニューコンセプト「神戸ビストロ洋食」】
神戸は様々な食文化が栄えた街ですが、中でも洋食文化は長い歴史の中で根強く愛されています。
「神戸ビストロ洋食」は、王道の洋食メニューにオーベルジュである神戸北野ホテルならではの素材選びと調理テクニックを集結させた自慢のメニューです。
メニューのスタートから2年がたち、新しい展開として西宮の地でも提供することになりました。
 

神戸北野ホテル総支配人・総料理長山口浩神戸北野ホテル総支配人・総料理長山口浩

 


<ランチ>
神戸北野ホテルでは人気No.1のハンバーグやインパクト大のオマール海老フライ、ステーキなど、洋食のメイン料理にスープ・サラダ・パン(またはライス)がついたランチセットを¥1,200~ご用意。
神戸高見牛カレーや神戸ビーフドリアなど単品メニューもございます。
 

 


<ディナー>
公演前の限られた時間に満足度の高いお食事をお楽しみいただけるクイックディナーセット(¥1800~)やお酒と相性の良いビストロメニュー、お好みのアラカルトメニューに自由に組み合わせられるセットオプションなどもご用意しております。

 
<アラカルトメニュー>
■前菜・サラダ ¥500~
■スープ ¥600~
■ごはん・パスタ ¥1,200~
■魚介料理 ¥1,200~
■お肉料理 ¥1,800~
■デザート ¥300~

 

 

 

 



【内装コンセプト「アーバンフォレスト」】
天井の高さと、窓から見える緑を生かし、店内にもグリーンを多く配してリラックスできるナチュラルな空間に生まれ変わりました。


■店舗概要
店名:THEATRE -Le Bois-(テアトル ル・ボア)
所在地:兵庫県西宮市高松町2番22号兵庫県芸術文化センター内
電話番号:050-3188-6677
定休日:月曜日
営業時間:11:00~14:30(L.O)17:00~21:00(L.O)
HP:http://www.igrektheatre.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エイチ・ワイ・ホスピタリティ・エンタープライズ株式会社 >
  3. 西宮北口「イグレックテアトル」がホテルクオリティの洋食を提供する「THEATRE -Le Bois-」(テアトル ル・ボア)として2017年5月18日(木)にリフレッシュオープン。