【業界初※1 冷蔵室から見渡せる野菜室】AQUA 冷凍冷蔵庫『Delie(デリエ)シリーズ』発売

「おいしさが見える冷蔵庫」で食生活をもっと豊かに                 

アクア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:杜 鏡国)は、業界初※1の冷蔵室から野菜室を見渡すことができる大型冷凍冷蔵庫『Delie(デリエ)シリーズ(全4機種)』を2020年1月中旬より順次発売いたします。

■Delieシリーズの特徴■

  1. 野菜の旬が見える、上から見渡す「旬鮮野菜室」
  2. 冷凍した食材のおいしさを保つ「おいシールド冷凍」
  3. 食品をトレーごと並べて収納できる「フルワイド旬鮮チルド」
Delieシリーズでは、従来、最下段にあった野菜室を真ん中に配置することで見えづらさや野菜の取り出しづらさを解消し、さらに冷蔵室と野菜室の区切りを強化ガラスにすることで、冷蔵室から野菜室が見えるようにしました。これにより、鮮度劣化による廃棄を減らすとともに、野菜の食べ頃を逃さずに献立を考えやすくなり、豊かな食生活を送れるようになるとAQUAは考えています。
近年、共働き世帯の増加に伴い、家事の効率化のため食材のまとめ買いや作り置きが増えたことにより、食材の鮮度保持に対する要望が高まっています。これを受け、Delieシリーズではおいしさを保つための3つの機能を搭載いたしました。
※1 強化ガラス越しは業界初。定格内容積401L~500Lクラスの国内家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫において。2019年11月現在、当社調べ。

「旬鮮野菜室」(VZ46J/VZ43Jのみ搭載)では、野菜室の温度・湿度・冷気の流れをコントロールするために設計を見直し、野菜の保存品質を向上※2させました。
全機種に搭載した「おいシールド冷凍」は、霜つきや乾燥を抑えておいしさを長持ちさせ※3、冷凍食品や下ごしらえした食材を、鮮度を保ったまま冷凍保存することができます。
生鮮食品や加工食品の保存に最適なチルドルームは冷蔵庫幅いっぱいに設計し、トレーに入った食品も並べて収納できるため、ひと目で確認することができます。機能面では、うるおいを逃さないフィルターで食品の乾燥を防ぎ、おいしさを保ちます。
AQUAは以上の機能や特長をもつ本製品「Delieシリーズ」により、忙しくても食材の食べ頃を逃さずに、きちんとした食生活を送りたい方のサポートをいたします。

【主な製品特長①】上から見渡す「旬鮮野菜室」

冷蔵室の扉を開くと、冷蔵室から見渡せる野菜室です。旬鮮野菜室(VZ46J/VZ43Jのみ搭載)は、保存に適した温度設定と、湿度コントロール、冷気が野菜に直接当たりにくい構造で野菜のおいしさを守り、保存品質を向上させました。※2

※2 AQR-VZ46JとAQR-SD42Dをそれぞれ1台用意し、VZ46J旬鮮野菜室(調湿フィルター搭載)を試験区、SD42D野菜室を対象区とした。保存期間を7日間とし、保存前及び保存後にそれぞれの項目について評価した。当社調べ。

【主な製品特長②】おいしさ長持ち「おいシールド冷凍」搭載の152L大容量冷凍室

冷凍室内の温度変化を抑えて、食材の霜つきや乾燥を防ぐ「ドリップ抑制機能」により、食品のうまみや食感を損なわず長期間おいしさをキープ※3する、アクア独自の冷凍性能です。
また、冷凍室の容量ではクラス最大級の152L※4の収納力で、おかずの作り置きや冷凍食品の活用に役立ちます。

 

*上記実験はおいシールド冷凍搭載のTZ51Hにて実施。Delieシリーズ全4機種にも同等の効能を予定。

※3 試験条件/AQR-TZ51H(ドリップ抑制機能有り)とAQR-SV27G(ドリップ抑制機能無し)を各1台用意し、冷凍室を試験区・対象区とした。保存期間を4週間として、保存前及び保存後に評価。牛ステーキ肉は解凍後、真空パックして70℃で60分間湯煎し、常温に戻してロース芯を測定。メバチマグロは冷蔵室で解凍後、そのまま測定。牛ステーキ肉のグルタミン酸残存率:ドリップ抑制機能なし57.8%、ドリップ抑制機能あり77.3%、メバチマグロの食感変化率:購入直後57N、ドリップ抑制機能なし209N、ドリップ抑制機能あり110N 味香り戦略研究所調べ。
※4 AQR-VZ46J、AQR-V46Jのみ。定格内容積451~500Lクラスの国内家庭用ノンフロン冷蔵庫において。2019年11月現在、当社調べ。

 【主な製品特長③】温度が選べる「フルワイド旬鮮チルドルーム」

チルドルームでは、食材に合わせて通常(約0℃~2℃)と、低温(約-2℃~0℃)の2段階の温度設定ができます※5。冷気にうるおいをプラスする「HCS-Cフィルター※6」を搭載することで、うるおいを保ちながらすばやく冷やすダブルの効果を実現し、食材の鮮度をしっかり守ります※7。

※5 通常と低温の食材を一緒に入れる場合は、凍結を防ぐために通常(約0℃~2℃)設定にしてください。周囲の温度や使用状況によってチルドルーム内の温度は若干変動する場合があります。食品表面の水分が凍結することがあ  ります。温度切替の設定を通常から低温に設定した場合は、消費電力量が約2%程度上がります。
※6 HCS-CはHumidity Control System-Chilledの略称です。
※7 試験条件/ AQR-VZ46Jを1台用意し、フルワイド旬鮮チルドルームを試験区、冷蔵室を対象区として実施。保存期間を3日間とし、保存前及び保存後にそれぞれの項目について評価しました。試験結果/①ハムの乾燥率=冷蔵室保存後26.3%、旬鮮チルドルーム保存後7.9% ②マグロの変色率:冷蔵室保存後73.5%、旬鮮チルドルーム保存後64.1%。当社調べ。

 【AQR- VZ46J/AQR- VZ43J / AQR- V46J / AQR- V43J:その他の特長】

・  2019年グッドデザイン賞受賞(AQR-VZ46J、AQR-VZ43J)

・  冷蔵室を左右から明るく照らす「LED庫内灯」を搭載。
・  冷蔵室全ての棚に、丈夫でお手入れのしやすい新形状の「強化処理ガラス棚」を採用。

・  奥行きや高さを調節できる「ガラス棚(ノーマル/ハーフ)」を採用。
・  収納に便利な「高さ調節ポケット」、「卵皿&チューブスタンド」搭載。
・  約60分で氷が作れる「クイック製氷モード」搭載※8。
・  すばやく冷凍できる「クイック冷凍※9」機能搭載。
・  最大3%の節電ができる「節約ecoモード※10」を搭載。

※8  クイック製氷時、周囲温32℃、ドア開閉なしの場合。当社調べ。製氷能力は冷蔵庫の使用状況や外気温度で変わります。
※9  クイック冷凍運転中の約150分間においては、消費電力量が約35%程度(計算値)増加します。当社試験条件による。
※10 日本工業規格(JIS C 9801-3:2015)に基づき算出された消費電力量とは異なります。室温32℃の場合、通常運転時:0.8kWh/日、節約ecoモード時:0.78kWh/日。設置環境及び使用状況によって効果が異なります。冷凍室の温度調整を「中」より弱側に設定した場合は、節約ecoモードの運転は行いません。

【製品概要】Delieシリーズ プレミアムライン

 


【製品概要】Delieシリーズ スタンダードライン

※11  <>内は食品収納スペースの目安です。

※12 製氷ユニットを取りはずした場合の食品収納スペースの目安。
※13  2015年新測定方法(JIS C9801-3:2015)
 
  • AQUAのメッセージ

アクアは、「心地よさ、という品質。」をブランドコンセプトに掲げ、皆さまの生活により密着した商品・ソリューションを提案しています。また、コインランドリーではIoTシステム展開を加速し、更なる使いやすさを追求することで、シェアNo.1企業として業界を牽引しています。
世界No.1の家電メーカーHaierグループの一員として、これからも生活家電からコインランドリーに至るまで、皆さまの生活がより豊かに、より便利になるような商品とソリューションを提供していきます。
  • AQUAについて
AQUAは 『Authentic Question Unique Answer : AQUA』 の名で、例えば冷蔵庫ハンドルの握り心地から、洗濯機の見えない技術まで、「心地よさ、という品質。」を実現するブランドを目指しています。
日本で生まれた家電メーカーとして、毎日の暮らしに気配りや心配りをお届けします。
現在は、冷蔵庫や洗濯機、掃除機などの小物家電から、業務用コインランドリー機器まで
幅広く展開し、更に日本からグローバルへ、商品やサービスを創造していきます。
  • アクア株式会社について
アクア株式会社は、2012年1月、三洋電機の一部事業を継承し設立。
Haierグループの日本法人として、業務用洗濯機や、家庭用の洗濯機、冷蔵庫、掃除機などの
AQUAブランド商品、サービスの企画・開発・販売を行っています。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクア株式会社 >
  3. 【業界初※1 冷蔵室から見渡せる野菜室】AQUA 冷凍冷蔵庫『Delie(デリエ)シリーズ』発売