脱ヒートショック!JJJ断熱診断と助成金を上手に活用した断熱リフォームを推進

株式会社テオリアランバーテック (本社:長野県松本市、代表取締役:南山和也、以下当社)は、長野県で唯一、住宅の断熱性能が目で見てわかる診断工法「JJJ断熱診断」を導入いたしました。
■JJJ(ジェージェージェー)断熱診断を導入した背景

当社は、1995年(平成7年)4月 に断熱事業部を設置し、高気密、高断熱住宅のための専門施工を始めました。信州の冬は寒く、交通事故数に比べ冬季の家の中でヒートショックを患う方が多く、近年は夏に家の中で熱中症になる方も増加しており、断熱を専門とする当社がどう貢献できるか模索してきました。寒さ・暑さは慣れの問題もあって中々問題が見えづらく、机上の計算でしか表現できなかった背景があります。JJJ断熱診断は世界初の現場実測(実際の住宅)で断熱性能が計測でき、現状や対策を各種の表現ツールで「見える化」出来るため、導入を決定いたしました。

■JJJ断熱診断のメリット

1)断熱性能の「見える化」
今までは机上で計算していた熱還流率(U値)を現場実測で測定することが出来るため、1棟1棟にあわせた正確な診断か可能です。
2)建物の燃費を明確にシュミレーション
診断データを元に年間のエネルギーコストを算出することが可能なため、断熱リフォーム前後の建物燃費をお客様に分かり易くご覧いただけます。断熱リフォーム後の光熱費や快適性能を比較しながらリフォームのプランを検討できます。
3)公的申請の計算書に対応
ZEH・長期優良住宅・低炭素住宅などの外皮・1次消費エネルギーの計算が可能。

■助成金の活用

長野県庁でも県民の健康と省エネの観点で断熱リフォームに対して多くの施策を実行。そのインセンティブを利用して多くの方に「断熱工事は命を守る工事」として広く知って頂き、ぜひご自宅の現状をJJJ診断を通じてご理解頂くところから啓蒙していきたい。「寒い・暑い」は解決できる悩みであり、施工されたお客様からは「こんなに快適ならもっと早くに工事をすれば良かった」と仰っていただけています。医学的にも暮らす環境が快適だと血圧などバイタルデータに好影響が出るエビデンスが多く取れてきており、健康で快適な生活のベースとなる断熱対策は急務と言えます。メーカー様や工務店様だけではなく一般のお客様に対しても、当社では調査、診断から工事、助成金・補助金の申請までワンストップで行っております。(長野県内に限る)

■今後の展開

 


国が定める最低限度の省エネルギー性能基準を満足する既存住宅は10%も無いと言われています。長野県は特に冬が寒い地域であるので、当社は主に長野県内の既存住宅の温熱環境を改善して、皆さんが快適・健康で省エネなど、環境でも貢献できる家が、1軒でも増えるように県や市町村と連携しながら努めてまいります。
 



■会社概要

商号: 株式会社テオリアランバーテック

代表者:代表取締役 南山 和也

所在地:〒399-0033 長野県松本市笹賀7189-2

設立:1988年11月

事業内容 :断熱リフォーム・シロアリ対策・木材保存事業・エクステリア事業

資本金:1,000万円
URL:https://www.teoria-lumbertech.com/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テオリアランバーテック >
  3. 脱ヒートショック!JJJ断熱診断と助成金を上手に活用した断熱リフォームを推進