BLINK 日本初上陸!シェアオフィス・コワーキングスペース「BLINK SMART WORKSPACE」を六本木にOPEN!

日本にいながら外国のような環境!「BLINK SMART WORKSPACE」は、六本木駅から徒歩5分。

Blink Roppongi合同会社(東京都港区、代表取締役社長:ALAN CHEUNG)は、シェアオフィス・コワーキングスペース「BLINK SMART WORKSPACE」を六本木にOPENしました!
Blinkは、過去3年間にわたり世界的にシェアオフィス・コワーキングスペースの企画運営してきた経験豊富な国際的なメンバーによって設立されました。日本では、2018年6月、六本木(東京都港区元麻布3-1-6)に1号店をOPENし、すでに次の出店準備を進めています。アジア、ヨーロッパ、北米向けのグローバル展開予定です。

島国である日本は、多国籍国家と違い、グローバルなコミュニティーが形成されにくいのではないでしょうか?  外資系企業によっては、オフィスを借りる上でも物件に制限が多くあります。私たちは、そのような制限を取っ払い、外資系企業や日本企業という隔たりをなくすことで、グローバルコミュニティーを形成し、Blink入居者の皆さんが、ビジネスをグローバルな視点で成長させることをお手伝いしたいと考えています。

 

 

Blink Roppongiのスタッフは、9か国語に対応しており、入居者の大半は、外国人ばかりです。もちろん、日本人の入居者もいますが、イギリス、フランス、台湾、香港、ベトナム、タイ、フィリピン、オーストラリア、ロシア、カナダ、アメリカ、メキシコなど世界中から集まる外国人入居者の割合は、65%以上となっています。

 

入居者の中には、北欧フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベント「SLUSH  TOKYO http://tokyo.slush.org/」など、グローバルで活躍する企業から、起業したばかりのスタートアップもいらっしゃいます。

日本のマーケットへ進出したい外資系スタートアップやシリコンバレーから帰ってきた日本人起業家、デザイナーやフリーランサーとして働く方など幅広い方々が早速、入居していただいています。


Blinkは、ビジネスを成長させるための新しい働き方の カタチを提供したいと考えています。六本木の施設は、地下1階から4階まで5フロアのビル1棟すべてが使えるオフィス環境です。 フレキシブルな賃貸契約に対応しており、自由でクリエイティブなスペースとグローバルコミュニティーを提供しています。

1階のカフェスペースでは、コーヒーを飲みながら、自然と会話が生まれます。集中して作業したい時には、個室や防音ルームへ。屋上やホワイトボードに囲まれた部屋でアイディアを膨らませるなど、自由な職場環境を提供しています。 

 

定期的に行われるイベントでは、当社が企画するものだけでなく、入居者の方が自由に利用することができ、すでに多くの国際色豊かな出逢いが生まれています!もちろん、入居者以外の方にもイベント会場としてご利用いただけます。グローバルなコミュニティーを形成しており、日本国内にいながら、グローバルな環境で働くことができます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Blink Roppongi合同会社 >
  3. BLINK 日本初上陸!シェアオフィス・コワーキングスペース「BLINK SMART WORKSPACE」を六本木にOPEN!