[M&Aキャピタルパートナーズ]書籍発売のお知らせ

国内大手M&A仲介会社が中小企業経営者へ向けた書籍

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は、日本の中小企業オーナー様向けに、2019年12月23日に書籍「M&Aで創業の志をつなぐ」を出版いたします。
 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社(東京都千代田区・代表取締役社長 中村悟)は、2019年12月23日に当社初となる書籍を発売いたします。事業承継でM&Aを選択した、地域も業種も規模も異なる中小企業経営者10人の“大きな決断”を事例で紹介。経営者自らが語る内容の構成で、読み応えのある1冊となっています。

 著書のなかの経営者10人は、そば飲食店やブライダルプロデュース、保育・教育サービスなど異なる事業を展開。それぞれが企業の維持と成長につなげるために、事業継承提案力に強みを持つ当社と共に複数の選択肢を検討し、最終的にM&Aの決断を下すまでの経緯や現在をリアルに綴っています。さらに本書では、著者である中村悟と元メジャーリーガー斎藤隆氏との対談形式で、「M&Aを提案する前に必ずする3つの質問」をテーマに、現在のM&A市場やネガティブなイメージも多く持たれがちな仲介の現場を分かりやすく紹介しています。

 中小企業庁の試算によると、2025年には6割以上の経営者が70歳を超え、全体の約3分の1にあたる127万社が後継者不在、累計650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われる危機に直面すると言われており、事業承継の課題に対する各種施策が国を挙げて講じられています。M&Aは中小企業経営者にとって事業承継の選択肢のうちの1つであり、譲渡側にとっても譲受側にとってもメリットが多い手法であることから、当社も提案活動を続けています。
 
 日本のM&A件数についてはリーマンショック後の2012年以来、増加し続けているものの、それ以上の廃業が進んでいることから、中小企業経営者のM&Aに対する十分な理解や具体的な検討が進んでおらず、事業承継の課題解決には至っていない状況です。このような背景から、この1冊が企業の将来を考える選択肢としてM&Aに関心を持っていただき、M&Aを考えている方や決断を迷われている方の一助となることを願い、刊行に至りました。

■書籍紹介「M&Aで創業の志をつなぐ―日本の中小企業オーナーが読む本―」

発売日:2019年12月23日
著者:中村 悟
価格:1,500円(税別)/206ページ 出版社:日経BP社
紹介ページURL:https://www.ma-cp.com/topics/332.html
《装丁ビジュアルについて》会社の未来に悩まれるオーナー社長の姿を百獣の王であるライオンになぞらえています。社員を率いながら重大な決断に常に一人で立ち向かう社長の姿は、ライオンが群れを率いながら常に一人で周囲に目を凝らしてあらゆる事態に備えて責任を負う姿に通じていると考えイメージしています。

■著者紹介 中村 悟/M&Aキャピタルパートナーズ代表取締役社長


 1973年福岡県生まれ。工学院大学工学部を卒業後、大手ハウスメーカーの積水ハウスに入社。設計業務を経て、営業業務に8年間従事。顧客の企業オーナーと接する中で、増え続ける中堅・中小企業の後継者問題を認識。その解決のため、未経験ながら2005年にM&Aキャピタルパートナーズ株式会社を創業。2度の倒産危機を乗り越え13年11月に東証マザーズに上場。14年には東証一部に市場変更を果たす。16年にはM&A仲介の老舗レコフ及びレコフデータと経営統合を果たすなど、自社でもM&Aを経験している。

■M&Aキャピタルパートナーズについて

 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は、主に中堅・中小企業をメインターゲットとして、事業承継ニーズ、または自社の企業価値の向上を目的として譲渡ニーズに対してM&Aの仲介サービスを提供しております。特に、このマーケットは中小企業のM&Aが一般化されるのに伴って、企業の成長及び事業承継の選択肢のひとつと考える企業オーナーも増加しており、着手金を無料化するビジネスモデル等の当社の特長を生かし、業容拡大を行っています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 >
  3. [M&Aキャピタルパートナーズ]書籍発売のお知らせ