MMM(エムエムエム)、AWS Lambdaに関するAWS サービスデリバリープログラム(AWS Service Delivery Program)の公式認定を取得

~日本で2社目となるAWS Lambda パートナーに~

MMM
株式会社MMM(エムエムエム)は、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のAWS サービスデリバリープログラム(AWS Service Delivery Program)において、「AWS Lambda」の認定を受けました。

同認定を取得するのは、日本のAWS コンサルティングパートナーとして2社目となります。


MMMは、AWS Lambdaをはじめとするサーバーレスアーキテクチャの領域に関して高い専門性と実績を持っています。今回の認定を受けて、さらに多くのお客様に向けてAWS Lambdaの活用をサポートしていきたいと考えています。

・MMMが提供するサーバーレスアーキテクチャ(AWS Lambda)のサービス
https://mmmcorp.co.jp/service/serverlessarchitecture/



AWS サービスデリバリープログラム(AWS Service Delivery Program)について

AWS サービスデリバリープログラムとは、特定のAWSサービスについて、高い技術や知見、豊富な実績を持っているコンサルティングパートナーを、AWSが公式に認定する制度です。

MMMは、2019年6月に「Amazon CloudFront」に関する認定も受けており、今回の「AWS Lambda」は2度目の認定となります。「Amazon CloudFront」の認定については以下で紹介しています。

・株式会社MMM AWSサービスデリバリーパートナー(Amazon CloudFrontパートナー)に認定
https://blog.mmmcorp.co.jp/blog/2019/07/09/aws_service_delivery_program_cloud_front/



MMMの事業内容について

株式会社MMM(エムエムエム)は、AWSを専門とするクラウドのスペシャリストが多数在籍する、クラウド専業のシステムインテグレーターです。

「情報化社会を生きる人々の幸せに貢献し続ける」というミッションを掲げ、クラウドの徹底活用を軸としたコンサルティングから、AWSの設計・開発、攻めの運用までをワンストップでサポートしています。

MMMがカバーするソリューションは、新規事業の立ち上げ、システム総保有コスト(TCO)最適化、サーバーレスアーキテクチャ(AWS Lambda)、仮想デスクトップ基盤(DaaS)、Dockerコンテナ基盤(AWS ECS/AWS Fargate)、Datadogを活用したクラウド運用監視など、多岐に渡ります。

2019年1月には、豊富な実績を認められてAWS アドバンスドコンサルティングパートナーの認定を受けました。
 

 

「クラウドネイティブ」、「クラウドファースト」を実現するクラウドのプロフェッショナルとして、これからもお客様のビジネスに貢献してまいります。

・株式会社MMM コーポレートサイト
https://mmmcorp.co.jp/



MMMの会社情報

会社名:株式会社MMM(エムエムエム)
設立年:2009年9月
所在地:東京都豊島区東池袋1−42−15, 310
代表取締役:国本 廷宣
事業内容:AWSなどのクラウド導入支援・構築・運用代行、Web・業務システム・モバイルアプリ開発・運用、アプリや業務システムのバージョンアップ・作り直し、チーム開発支援と開発環境・開発フローの最適化支援、リモートでのシステムエンジニアリングサービス
コーポレートサイト:https://mmmcorp.co.jp/
MMMブログ:https://blog.mmmcorp.co.jp/


※アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS Lambda、Amazon CloudFrontは、Amazon Web Services, Inc. およびその関連会社の商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MMM >
  3. MMM(エムエムエム)、AWS Lambdaに関するAWS サービスデリバリープログラム(AWS Service Delivery Program)の公式認定を取得